ルンバ890の使い方(カーペット・段差・衝撃等)

ルンバ890の起動からロボット掃除機には、ちょっと難しいそうなところ(カーペットや段差のあるところ、すみっこ)をお掃除してみました。

roomba890how29

動画で紹介していますので、ルンバ890がどうやってお掃除するのか見てくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルンバ890の使い方・起動方法

ルンバ890の使い方はとっても簡単。充電して、真ん中のスイッチ(CLEANボタン)を2回押すと起動し、あとは勝手にお掃除してくれます。

スマホにiRobot HOMEアプリをダウンロードすると、リモコンのように遠隔操作できたり、タイマーを使って、自分が家にいないときに、動かすこともできます。

ルンバ890の走行方法

ルンバ890は、900シリーズのようにカメラはついていません。ただし、ルンバについている数10個のセンサーが、部屋の状況を把握し、すみずみまで掃除します。

カメラを使ってお掃除するタイプに比べて、基本的に動きはランダム。一度掃除したであろう場所も何度も通ります

これには、メリットもデメリットもあり、雑巾がけのように掃除してくれると、動きに無駄がなくスマートに掃除しているようにも見えますが、何度も同じところをお掃除してくれるとその分、よりきれいになります。

実際、ルンバ890は、ゴミの多い場所センサーで感知し、ゴミがなくなったと判断するまですみずみまで行ったり、来たりを繰り返し、お掃除します。これ以上お掃除するところがなくなった時、バッテリーが少なくなった時には、自分で判断して、ホームベース(充電器)に戻ります。

AeroForce クリーニングシステム

ルンバ890はAeroForce クリーニングシステムを搭載しています。

roomba890size2

くるくる回転する、ゴム製のAeroForce エクストラクター(真ん中にあるブラシのようなもの)でゴミを浮きがらせて、ルンバ内部に真空状態を作り出してパワフルな吸引力を引き出すというもの。

エクストラクターは、それぞれ逆向きに回転するので、床の材質を選ばず、どのような床でもゴミやホコリを逃しません。また、ブラシに髪の毛が絡みついて困ることもありません。

ルンバ890と段差のある場所のお掃除

ルンバは、基本、人がいないときにお掃除してくれるお掃除ロボットです。部屋から部屋へと移動もしてくれますが、隣の部屋へ行くときの段差玄関の上り口階段など段差があるところも上手に落ちることなくお掃除します。

ルンバ890には、センサーがついているので、階段などの大きな段差があるとわかれば、察知してすぐに引き返します。とってもかしこい。

ただし、センサーが汚れていると判断がつかなくて段差に気づかず落ちることもあり、、センサーのお掃除をふだんからしておくことと、なるべく大きな段差のあるところへはバーチャルウォール(ルンバが近寄れなくなるための装置)をセットしたり、ドアを閉めたりして、近づかないようにさせましょう。

ルンバが落下して壊れたら大変。

一方、カーペットのようなちょっとした段差は2センチまでのぼることができ、ホットカーペットの上にホットカーペットカバーを敷いた上も上手にのぼっていきます。

ホットカーペットのスイッチがある3センチ以上の厚さがあるところは、やはりのぼれず、そこはさけて、違うところからのぼっていくかしこいルンバをぜひ動画で御覧ください。ほんとすごい!!。

毛の長いカーペットも絡まることなくのぼり、スイスイとお掃除します。フローリング、畳、カーペットなど、床材に合わせて 吸引口を最適な状態に調整してくれるので、どんな床材でもへっちゃら。

カーペート類は2センチまでの段差なら乗り越えられます。重みがあるカーペットで、ぺらっとめくれないものの方が上手に乗り越えられるようです。

ルンバ890 コードは巻き込まない?

ルンバのクチコミでは、「電源コードを巻き込んでエラーがでる」とか「床にあった荷物を巻き込んでしまう」という意見が多いです。
roomba890how6

公式サイトには、『お掃除中に、電源コードや毛足の長いラグなどにからまると、異常を感知してブラシを逆回転。自動的にからまりを防ぎます。』とありますが、これはもうどうしようもないみたいで、なんとかコードをはずそうと頑張っている姿は見せてくれましたが、890もコードを巻き込むことはありました。

roomba890how45

そして、巾着袋のひもにからまってそのまま引きずっていきました。

基本、障害物は苦手です。床には何もおかないようにして掃除するのが理想的です。

ルンバ890 ぶつかる衝撃は?

ルンバ890は、壁や物があるとセンサーが感知して自動的に速度を緩めます。さらに、ルンバの側面はクッションのようになっているので、ぶつかるときは、コツン、コツンというやわらかい衝撃。壁や物にあたっても衝撃は軽いです。

例えば、軽い物にぶつかったとき、それをぐいっと押しのけるということもありません。ある程度大きいものであれば、ここに物があるということは、察知して、ぶつかったら、方向転換してくれます。

掃除してほしくないゾーンをつくることができる

ルンバが苦手な物が床に直置きされた荷物(障害物)。大きなものだと、コツンとぶつかって方向転換してくれますが、洗濯物の山とか、こどものおもちゃの積み木などコツンとぶつかったら崩れてしまうものなんかは、それ自体に近づかないようにバリアを作ったほうがストレスフリーです。

roomba890how38

そんなときに便利なのが、デュアルバーチャルウォール。890にも最初から付属品としてついています。デュアルバーチャルウォール掃除してほしくない場所に、ルンバが立ち入らないように見えない壁をつくるもの。

roomba890how33

ボタンの切り替えで、ここから入らないようにという直線の壁(最大3メートル)と、

roomba890how39

このまわり半径60㎝は進入禁止というゾーンをつくることができます。

こども部屋に作りかけのレゴがあり、レゴの近くにバーチャルウォールを置いておくと、ルンバが近づかず、レゴを壊すこともありません。

ルンバ890を使って感じたメリット・デメリットは980を使って感じたこととほぼ同じです。よければこちらも参考に

>>ルンバ890・980を使って感じたメリット・デメリット

ルンバの購入はこちらから

>>アイロボット ルンバ

【関連記事】

【関連記事】
ジャパネットで29,800円のルンバ621ってどうなの?比較・違い

意外と大きい?ロボット掃除機ルンバ980

ルンバ980の特徴 カーペット・階段いろいろお掃除してみました

どの機種を買えばいいの?ルンバ900 600・800シリーズとの違い

iRobotHOMEアプリでできること

ルンバ980 ルンバのお手入れはダイソンがあると便利

ルンバ980・890のメリット・デメリット

ルンバ890とは? サイズ・部品・消耗品

ルンバ890の使い方

ルンバ890のお手入れ方法

ルンバ980と他のロボット掃除機との違い・比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする