2014秋 炊飯器(5.5合炊き)の最新売れ筋ランキング

新米がおいしい季節になりました。

最近このブログでの人気記事が、

です。

我が家では、今年の3月に炊飯器を買い替えました。我が家の炊飯器は、家電芸人(いや俳優?)細川さんのおかげで、かなりいい選択ができたかなと思います。毎日おいしいお米に感動しつつ、炊飯器はやっぱり買ってよかったと実感しています。

この時期、新米をさらにおいしく食べたい人が探しているのかな~と最新の炊飯器人気ランキングを発表します~。

2014年9月26日の日経トレンディネットの“炊飯器売れ筋ベスト5に10万円級のハイエンド機がランクイン-ビックに聞く”記事で紹介されているビックロ・ビックカメラ新宿東口店の炊飯器ランキングより、さらに詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炊飯器(5.5合炊き)の最新売れ筋ランキング

(ビックロ・ビックカメラ新宿東口店調べ)

1位:圧力&スチーム 蒸気セーブ極上炊き RZ-RT10BK (日立アプライアンス)

2位:炊き立て tacook JKT-1000 (タイガー魔法瓶)

3位:極め炊き 極め羽釜 NP-S1000BK (象印マホービン)

4位:Wおどり炊き SR-SPX104 (パナソニック)

5位:SR-HD103 (パナソニック)

1位:圧力&スチーム 蒸気セーブ極上炊き RZ-RT10BK

現在同じ型番のものが売り切れてしまったので、後継機種をのせています。

特徴

炊飯時にでてくる蒸気を上部にいったんストックして、スチームにすることで、ご飯につやを持たせる。保温時にもスチームできるので、長時間炊き立てのおいしさが持続する。

・お米のかたさを極上しゃっきりと極上もちもち から選択できる。
・おかゆや雑炊、ケーキもつくれる
・短時間で炊ける“快速”機能
・少量でもおいしく炊ける

2位:炊き立て tacook JKT-1000 (タイガー魔法瓶)

特徴

全面土鍋コーティングされているので、遠赤外線効果でお米をしっかり芯までふっくら炊くことができ、炊飯と同時におかずを上で調理することができるので、時短。ハンバーグなども作れちゃいます。

・土鍋の遠赤外線効果でごはんがおいしく
・土鍋で蓄熱性が高く、強火で炊飯ができる
・内蓋にも土鍋コーティング
・少量炊き+蒸し調理器として使え、40種類のクックブックレシピつき
・節電・節約志向の人、一人暮らしの人におすすめ

3位:極め炊き 極め羽釜 NP-S1000BK (象印マホービン)

特徴

3.5mmの厚みの羽釜を採用。熱を伝えるチカラが高いので、炊きムラなくおいしく炊ける。味で選ばれる高級炊飯器。

・1合をたった約15分で炊き上げる「白米特急」
・消費電力を抑える「エコ炊飯」
・人工知能AIが最適温度にコントロール 「保温見張り番」
・炊き上がりも、保温もおいしくする 「うるおい二重内ぶた」
・好みの食感が楽しめる、7通りの 「炊き分け圧力」

保温時間が長かったり、いそいで炊きたかったり、かため、やわらかめが好きなど、各家庭、人それぞれなのですが、それを1つの炊飯器がカバーしているというところがすごい。

多機能さならコレ。

4位:Wおどり炊き

特徴

以前紹介した、Wおどり炊きの最新モデル。お値段約10万円で、家庭用炊飯器の最上位機種。圧力をかけて高温で加熱させて、圧力を抜いてかき混ぜ、高速切り替えでトコトンお米を躍らせてむらなく加熱させる。200度のスチームと圧力の融合ではりつやあるお米になり、一粒一粒がしっかりおいしくなる。

・かまどで炊いたような銀シャリに
・お米にうまみ、甘みが増す
・水がなくなってから200度の高温スチームを吹き付けることで、最後にうまみコーティング
・液晶の文字がみやすく高齢の方でも使いやすい
・スチームのおかげでさめてもおいしい
・再加熱ボタンを押すと、スチームがでて、保温状態から炊き立てに
・銘柄ごとに炊飯モードが選べる
・茶碗一杯からおいしいごはんが炊ける

5位:SR-HD103 (パナソニック)

特徴

値段が1万円前後の中では、釜にこだわりがあったり、細かい設定ができることから一番売れている。コスパ重視の方はコレ。

・ケーキ・煮込み料理モード
・マンナンプラス対応モードあり
・ダイヤモンド釜で 厚さ1.7mmはこのお値段で優秀
・早だきで45分
・保温温度 60度、72度、74度、76度から選択できる
・保温パターンが選択できる (低温で長時間モードなど)

家庭用炊飯器としてよく出ている価格帯は2~3万円前後で、1,2位はどちらも2万円代なので、まさに人気の炊飯器と言えるのだと思いますが、3位の極め炊き 極め羽釜が約5万円、4位のwおどり炊きが約10万円と高級炊飯器もランクイン。

特に、wおどり炊きは、私が購入したのも、これの下位モデルでいいから欲しい・・・ということがきっかけでした。

Wおどり炊きいいと思いますよ~。

2位の、上でおかずができるというのは、便利な反面いったい何をつくったらいいんだろうとおもいましたが、レシピが40種類もついているんだったら、毎日楽しめますね。我が家は平日は1合から1合半ぐらいしか食べないから、毎日おかずも一緒に作りたいぐらい。

いろいろあって迷いますが、保温時間が長いのか、おいしさにこだわるのか、早く炊きたいのか・・など家庭によってそれぞれだと思います。

高額のものほど、対応が細かいってことですね。

【関連記事】

家電芸人がおいしい!と言った“おどり炊き”炊飯器買いました

バレベルの塔 炊飯器賢者細川茂樹さん直伝 最新炊飯器の選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする