どの機種を買えばいいの?ルンバ980 600、800シリーズとの違い

ルンバにはいろいろ機種があり、2016年2月現在最新機種は900シリーズの980。

irobot13

現行で販売してモデルは、600と800と900シリーズで、数字が大きくなるほど新機種になります。

新しいモデルになるほど値段も高く、機能もアップしてきていますが、980の最新機種は、これまでのモデルとどう違うのか、特長を紹介します。

980の特長はスマート ・ クリーン ・ シンプル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマート⇒ジグザグ走行からナビゲーションシステムへ

これまでのルンバは、ジグザグ走行をして、ランダム掃除が売りのシステムでした。

roomba9803

部屋の中をジグザグ走行することで同じところを4回以上通って部屋をきれいにします。

roomba9802

900シリーズより、カメラとセンサーを搭載して、部屋全体を把握、ルンバが今どこにいるのか、部屋のどこが掃除されてないのかを判断してすべての部屋を隅々まで掃除し無駄な動きがなくなりました

吸引力もアップしたので1回通っただけできれいにお掃除できます。

他社のロボット掃除機がカメラとセンサーを搭載してこの機能を早々と使っていたのにルンバはカメラを搭載しないことにこだわっていたのかと思いましたが、900シリーズになって初めてこのスタイルになり他社に合わせた形になります。

roomba98012

カメラちゃんとついてます↑

その分値段も900シリーズより跳ね上がって、980の公式サイトでの価格は135,000円。“モニターで気に入ったんだったら買ったら?”といってた夫の顔が一瞬でこわばりました(笑)。

ちなみに価格は、、622が49,000円、ルンバ654が54,000円、875が74,000円、885が84,000円です。

ひとつ前の機種 780 と880 にはライトハウス機能というものがありました。

これは、広いエリアをルンバがランダムにお掃除すると、次から次へ移動して動きが無駄になってしまうので、部屋を区切って一つの部屋ごとに仕上げてくれるという機能でした。

980では、カメラとセンサーのおかげでライトハウス機能がなくてもムダな動きなしでお掃除ができるようになっています。

クリーン⇒清掃能力アップ

800シリーズでは約25畳のお掃除ができましたが、980では最大112畳、約185㎡までお掃除することができるようになりましたので、ワンフロアで広いマンションに住んでいる人には980が便利です。

800以下のモデルだと、充電が途中でなくなるとホームベース(充電ができる場所)に一人で帰っていき、そこで掃除が終了となっていました。

980では、充電がなくなるとホームベースに戻り、充電ができると再びお掃除を開始するようになったため、より広い場所が掃除できるようになりました。

roomba9808

また、カーペットを掃除するときに、自動的に吸引力をあげて奥にはいりこんだほこりや髪の毛までしっかりかきあげて吸引(カーペットブースト)します。吸引力は700シリーズ(通常清掃時)の10倍もあります。

またゴミがとれる量は800では700の1.5培、900では700の2倍に増えました。カーペットがある家は断然980がおすすめです。

シンプル⇒アプリを使ったシンプルな操作性

roomba98011

使い方は簡単で真ん中にある丸いボタンCLEANボタンを押すだけ。

roomba9805

さらに900シリーズより、ルンバとしては初めて、アプリを使ってWifiネット経由で掃除を開始できたり、スケジュール機能を設定できたり、こまかな設定ができます。

roomba9807

本体のスイッチを押さなくてもスマホをリモコン替わりに、スイッチをいれることもできますよ。

ただし、これまでのシリーズでもスケジュール機能(時間がきたら自動的にお掃除開始)はあったのですが、本体で設定ができました。900シリーズは逆に本体では設定ができません

スマホを持っている人には便利かもしれませんが、ガラケーまたは持ってないという人は、800以下にした方がいいかもしれません。

ヘイローモードは980だけ

roomba98013

ルンバに掃除してほしくないという場所があったら、デュアルバーチャルウォールという見えない壁を作ってルンバを入らせないようにすることができます。980より、これまであったバーチャルウォールに加えて、ヘイローモードというものが追加されました。

roomba980-11

バーチャルウォールに設定すると、約3メートルの壁ができ、その直線上にはルンバが近づけないようになっているので、ドアの入り口などにつけておけばルンバは入ることができません。

roomba980-12

980では、これに加えてヘイローモードができました。ヘイローモードにして置くとその周り直径120㎝の周りはルンバがはいれないようなバリアができます。

我が家では、バーチャルウォールよりもヘイローモードを使う方が多いかなと思います。

ちなみにルンバは床に置いた洗濯物、本、などある程度重さのあるものはそのままでも平気ですが、電源コードが集まるところや、細かいものが置いてあるところはぐちゃぐちゃにしてしまいます。

一番やだな~と思ったのは、床置きのコルクボード。小学校や中学校のお手紙、習い事の予定表などをまとめてコルクボードにはっているのですが、それを床に置いて置いたら、なぎ倒したうえ、ルンバの背中にのせて走っていました。貼っていたお手紙はやぶれて、画びょうははずれて・・ととんだ被害に。

ヘイローモードにしろバーチャルウォールにしろルンバがはいれないゾーンをつくるって大事だと思いました。

現行販売されているモデルでヘイローモードを使えるのは980だけ。

値段の違いはニッケル水素電池とリチウムイオン電池のちがい

安いルンバと高いルンバ。値段の違いはバッテリーの違いでもあります。600 700まではバッテリーがニッケル水素電池。 800 900 はリチウムイオン電池。

ニッケル水素電池のほうが安いのですが、寿命が短いため、バッテリー交換の日がはやくやってきて、ランニングコストがかかります。最初に買うのは高くても電池のモチがいいリチウムイオン電池のほうが長い目でみるとお得です。

その他値段の違いは吸引力のアップ、ブラシの構造などに反映されています。

980とその他のシリーズとの大きな違い

充電がなくなったらひとりで充電器まで帰る、スケジュール機能がついている、階段からは落ちない、2センチの段差をのぼるなどはどの機種にもついている機能です。

980になって、カメラやセンサーがつき、効率的にお掃除ができるようになり、カーペットだと吸引力が自動でアップ、充電がなくなったら戻り、充電してお掃除を再開する・・など新たな機能が満載で、やっぱり980が万能です。

大きな違いは、

  • アプリでしかスケジュール機能が設定できない
  • カーペットのお掃除にも対応した吸引力
  • カメラやセンサーでムダのなく広い部屋を掃除できる

この3つだと思います。

アプリでしかスケジュール機能が設定できないとスマホを持ってない人はスケジュール機能が使えない。これは結構マイナスポイントだと思います。

800シリーズでお掃除できるのは、約25畳。一軒家で2階建ての我が家では広さでいえば800で十分です。

あとは、お値段ですね。

ルンバの公式サイトでは、アウトレットコーナーもあり、現在700シリーズが30000円代で売っていてお得です。

もちろん新品。多少傷がついているアウトレット品です。

>>数量限定 ルンバ アウトレットコーナー

>>ルンバ980

>>ルンバ800シリーズ

>>ルンバ600シリーズ
ルンバの購入はこちらから

>>アイロボット ルンバ

【関連記事】
ジャパネットで29,800円のルンバ621ってどうなの?比較・違い

意外と大きい?ロボット掃除機ルンバ980

ルンバ980の特徴 カーペット・階段いろいろお掃除してみました

どの機種を買えばいいの?ルンバ980 600・800シリーズとの違い

ルンバ980アプリでできること 朝イチルンバのすすめ

ルンバ980 ルンバのお手入れはダイソンがあると便利

ルンバ980のメリット・デメリット

ルンバ980と他のロボット掃除機との違い・比較

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

アイロボット ファンプログラムの企画でルンバのモニターに参加しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする