図書館のような静けさ “一番静かな吸引力”のエレクトロラックスのエルゴスリーとは?

CMで、“一番静かな吸引力”と言っているエレクトロラックスの掃除機をイベントで見てきました。

エレクトロラックスはスウェーデンの世界的家電メーカー。北欧ならではの思いやりにみちた、北欧デザインを好む日本人が好きそうな・・・いやいや私が好きそうな掃除機でしたよ。笑っていいともなどテレビでも紹介された掃除機です。

エレクトロラックスショップの掃除機には、コードレスクリーナーとコードがついたキャニスター型の掃除機があります。
まず紹介するのは、エルゴスリーオートといわれる床移動形(キャニスター型)掃除機です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一番静かなってどのぐらいの音?

掃除機本体に数字がみえると思います1~3まであり、騒音値は床移動形(キャニスター型)

数字が少ないほど音が小さく吸引力も小さいです。

“まず1で掃除してみてください”といわれたので、1でやってみました。

掃除機の音がなにもしないのに、ちゃんと吸引して、目の前のゴミがなくなりました。掃除機=音がしてあたりまえな感覚なので、音がしないと動いてないのではないかと錯覚してしまう・・・なんか不思議な感覚。

それほど音がしないんです。CMでは寝ている間にだんなさんが掃除機をかけたりしていますが、たしかにこの音では起きないなという音。

この掃除機の騒音値は43~57dB(デジベル)。

デジベルで表される数値はたとえば120dB→飛行機、80dB→地下鉄、60dB→普通の会話、50dB→静かな事務所、40dB→図書館

この掃除機の音は図書館と同じ静けさで、眠りを妨げない音です。

よく、こどもが小さい頃は、掃除機の音を怖かったり、起こさないように掃除の時間に気を使いましたが、これなら全然気にならない。

高性能フィルターで窓を閉めてのお掃除も可能にしているので、マンションで夜お掃除しても回りに気を使いません。

通常掃除機の音はモーターの音がうるさいのですが、動いているときには、モーターが宙に浮くというしくみで高い静音性を実現しています。

とにかく音が静かな掃除機がほしいという人はこれがおすすめです。

静かなのに吸引力もすごい

エレクトロラックスの掃除機はダストピックアップ率、フローリング99%、カーペット80%以上と非常に吸引力も高い掃除機です。

ダストピックアップ率は、日本の掃除機では表示されていないのですが、吸込仕事率が掃除機の空気を吸い込む能力であるのにたいして、ダストピックアップ率はゴミをどれだけ吸い取ったかというゴミの回収率を表すので、掃除機本来の仕事率を示すものだともいわれています。

エルゴスリーオートは、カーペットの奥からもゴミを強力にピックアップするパワーブラシに加え、パワーを自動で切り替えるオートモードを標準搭載しています。

ささやき声ほどの音でパワフルな掃除が可能。

サイクロンではなく紙パックの掃除機である

ダイソンがサイクロン掃除機なのに対して、エレクトロラックスは、紙パック方式です。

見た目に、ゴミがとれてると見えるサイクロンですが、紙パックだとほこりをまき散らすことなく手を汚すことなくゴミを捨てられる利点があります。
ダストパックは約3か月に1度交換。

【関連記事】

掃除機賢者ヒデさんに学ぶ目的別掃除機の選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする