エレクトロラックスのコードレスクリーナー2種とダイソンDC45との比較

エレクトロラックスのスティッククリーナー(=コードレス)のエルゴラピートプラスとエルゴパワー・プラスをイベントで見せてもらいました。

エレクトロラックスのエルゴラピートはお部屋にだしておけるおしゃれなスリムコードレスクリーナーです。

立てておけるので収納スペースもとらず、日本製にはないデザインで、そのまま部屋においておいてもインテリアのジャマをしません。
こどもがこぼしたものもさっと掃除できるいつでもつかえる手頃感があります。

掃除機先端にはLEDがついていて、薄暗い棚の下などでもよくほこりがみえてしっかり掃除ができます。

実際掃除機をつかわせてもらったのですが、前ページで紹介したエルゴスリーのような静かさはないけれどもコードレスのわりには吸引力もあり、使える掃除機でした。

よかったのは、この部分をはずすと・・・・

ハンディクリーナーになり、細かいところの掃除や車の掃除などに使えます。

充電時間は4時間で最大30分使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エルゴパワープラス

こちらは上のエルゴラピートのパワーアップ版。コード付き掃除機を超える98%のダストピックアップ率でキャニスター(コードつき)なみの吸引力。

見た目はエルゴラピートの方がカラフルでいいと思いますが、コードレスなのに常識を超えるパワー。

充電時間は4時間。ノーマルモードで60分、パワーモードで26分、ブースターモードで17分使えます。

コードレス掃除機では一番長い連続運転時間で、ノーマル60分では約240㎡お掃除可能で、我が家だったらラクラク掃除ができます。

フローリングや目に見えるゴミならノーマルで十分。

エルゴラピードプラスと同じで、ノズル部に床や隙間をてらすLED照明がついています。

足で5秒踏むだけでゴミに触れずに回転ブラシに絡まったゴミが簡単にとれるブラシロールクリーン機能がついています。

ダイソンDC45、エルゴラピート・プラス、エルゴパワープラス 3種類のコードレスクリーナー比較

ダイソンかエレクトロラックスかコードレスクリーナーならどれを買うべき?という比較をしてみました。

ダイソンDC45 エルゴラピート・プラス エルゴパワープラス
型番 DC45 ZB2941 ZB2943 ZB2904  ZB2933 ZB5012P
重量 2.3kg 2.4kg 3.0kg
集じん方式 サイクロン サイクロン サイクロン
充電方法 ブラケットは収納&充電ができるが、壁に穴をあけなければならない別途充電はできるが自立はしない 付属のスタンドに立てるだけで収納と充電が可能 付属のスタンドに立てるだけで収納と充電が可能
充電時間 5時間半 4時間 4時間
稼働時間 強8分 通常20分 最大30分 17分・26分・60分
静音 67dB~73dB
値段 59,800円 24,800~34,800円 44,800円
売れ筋ランキング 2位 30位 49位
公式サイトで見る DC45 モーターヘッド
エルゴラピート エルゴパワープラス

重量・・・ダイソンが一番軽い

充電・収納方法・・・壁に穴をあけたくないという人はエレクトロラックスの方が便利

充電・稼働時間・・・エレクトロラックスの方が短く、使える時間が長いのが特長

静音・・・表示されてないものもありますが、基本コードレスのこの3つ、音は普通の掃除機であり、エレクトロラックスはパワーが弱ければある程度静かですが、普通につかって静かだという印象はありませんでした。

値段・・・エルゴラピート・プラスが一番安い。おしゃれでさっととりだせるということで考えたらこれがお得かも。

売れ筋ランキング・・価格コムの売れ筋ランキングではダイソンが人気

その他、ツールの充実を考えたらやっぱりダイソン。すきまノズルなどはありますが、布団ツール、ブラシツールはエレクトロラックスショップにはありません。

布団のダニとりクリーナーとしても活躍させたいなら、ダイソン、自立式でお部屋においておいてもおしゃれでコスパを考えたら、エルゴラピート、コードレスなのに60分可能で、主掃除機としてこれ一台でもという吸引力なのはエルゴパワープラスですね。

このほか、日本製はどうか?というと日本製はデザイン、吸引力が弱いというデメリットがあるものの、重さが軽い、小回りが利くというよさも。コストパフォーマンスと壊れにくいというよさがあり無難な掃除機が良いという人は日本製がいいかもです。

上で紹介したダイソンはこちら

最新のダイソンコードレスクリーナーはこちら

現在 エレクトロラックスの最新機種はこちら

【関連記事】

ハンディタイプにもなるダイソンのコードレスクリーナーDC45・・・ダイソンのコードレスクリーナーについて詳しく見たい人はこちら

音が小さく小型化したダイソンDC48は標準装備のツールがすごい・・・コードレスクリーナーにもこちらのツールをつけることができます

マキタのコードレスクリーナ CL141FDRFW 買いました

布団専用ダニとりクリーナーとして使う ダイソンVSレイコップ徹底比較・・・布団用ダニとりクリーナーとしての掃除機なら

排気がキレイな布団クリーナーダイソン登場&ダイソン公式アウトレット情報

図書館のような静けさ “一番静かな吸引力”のエレクトロラックスのエルゴスリーとは?・・・エレクトロラックスのコードありの掃除機。静音が自慢です

掃除機賢者ヒデさんに学ぶ目的別掃除機の選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする