レイコップと布団乾燥機が一体になった新型レイコップRP

レイコップから新型がでました。その名もレイコップRP(アールピー)。

何が変わったかというと、本体からあたたかい空気がでてくるようになりました。湿気を含んだじめじめしたふとんはダニをさらに増やすことになりますので、湿気を取り除くことがダニを減らすカギとなります。

まるで布団乾燥機つきの掃除機で、約70度の空気を送ることでふとんがふかふかになり、ダニの繁殖をおさえられます。

お値段は高いのですが、家に布団乾燥機がないという方は、今までのレイコップよりアールピーがおすすめです。

新型レイコップを詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型レイコップRPの特徴

raycoprp2

こちらが、新型レイコップRP.

こどもが触っても急に動かないロック機能つきで安心。

ダストボックスは、水で丸洗いできるようになっていたり、底面が抗菌加工されているので、花粉症やハウスダストアレルギーの方などは清潔で安心できるのでは?

raycoprp1

裏面は充実。パワフルたたき、UVランプ、回転ブラシなど従来のレイコップ機能はそのままにドライエアブローがついています。

パワフルたたきは、ふとんのハウスダストをたたきだし、UVランプでダニを弱わらせ、回転ブラシで髪の毛やほこりをとります。

ふとんの汚れは、従来のレイコップの機能で十分でしたが、じめじめはとれませんでした。

新しく搭載されたドライエアブローからは、約70度の内部であたためられた空気がでてきますので、レイコップをかけるとおふとんがふかふか。

レイコップを使うとお布団を干さなくてもいいの?と聞かれることがあるのですが、お布団を干す効果として一番なのは、湿気とり。これには、従来のレイコップでは効果はありませんでした。

ダニは乾燥には弱く、湿度を下げるとダニの繁殖をおさえられる効果があります。湿度50%以下にすると1~2週間で死ぬそうです。

そこで、我が家では布団乾燥機を使って、ふとんをあたためたあと、レイコップでお掃除するという2段階掃除を行っていましたが、今回発売されたレイコップRPでは、1ステップでいけるということで、時短になりますね。

布団に掃除機がかけやすいバランスになってる

raycoprp4

ふとんクリーナーの難しいところは、吸引力はほしいけれど、吸引力をあげすぎると、ふとんの上にかかっている布を吸ってしまい、ふとんの上をすすまなくなってしまうというところ。

レイコップRPは形や重量、吸引力のバランスで、ふとんの上でも掃除機がかけやすくなっています。

ふとんのお手入れを簡単にすませたい人にはレイコップRPがおすすめです>>RAYCOP RP レイコップアールピー

【関連記事】

ハウスダスト対策 ふとん専用ダニクリーナー“レイコップ”買いました

布団専用ダニクリーナーレイコップの使い方

レイコップ3種類とジャパネットたかたモデルの違いと選び方

レイコップ以外で布団のダニを徹底的にとる方法を考えてみた

レイコップ1か月使ってみた効果的な使い方と収納方法・選び方

レイコップ ジャパネットたかたモデルとジニーを比較してみました

アメトーク掃除大好き芸人で紹介されたお掃除便利グッズ&家電

ダニの増殖抑制率99%以上 レイコップと合わせて使うと最強ダニよけシリカ

布団乾燥機とレイコップ 冬の布団のダニ対策

レイコップあたたかい空気を送り込む新型レイコップRP

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする