ラクラシースチームクリーナーお風呂の床の黒ずみ掃除

ラクラシースチームクリーナーでお風呂のお掃除をやってみました。

ラクラシーは約100度のスチームが出ることで、カビが発生しやすいお風呂も除菌ができます。洗剤を使わなくても水だけでお掃除できるのでお風呂のお掃除に最適♪

最も良かったのは、お風呂の床の黒ずみがきれいにとれたこと!

ラクラシースチームクリーナーでお風呂掃除をした様子を紹介します。

購入はショップジャパンで>>ラクラシー スチームクリーナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラクラシーでお風呂掃除するには、ブラシノズルがおすすめ

lakracybath35

ラクラシースチームでお風呂のお掃除をする時には、ブラシノズルがおすすめ。スチームをふきつけながらブラシでゴシゴシすると、黒ずんだ汚れなどがきれいに落ちます。

lakracybath45

台の下など、手が届きにくいところは、ブラシではなく、傾斜ノズルを上向きにつけて、下から上にスチームを吹き付けることができます。

アタッチメントが色々付け替えられるので、便利ですね。

ラクラシーでお風呂の床の水あかや黒ズミがきれいに

lakracybath5

お風呂掃除をやってみて、ラクラシーのお掃除効果が一番発揮できた!! と感じられたのが、お風呂の床の黒ずみの汚れです。

お風呂の床の黒ずみは、皮脂や汗などの汚れがたまったもの。こうした汚れには、アルカリ性の洗剤+熱 が有効

重曹をふりかけ、ラクラシーでスチームを当てながらブラシノズルでゴシゴシこすってみました。

lakracybath10

軽く、ラクラシーでお掃除しただけでも汚れが落ちたのは一目瞭然!ラクラシーのブラシでスチームを当てながらお風呂の床をゴシゴシこするのってなんだか歯医者さんで歯垢をとってもらうような作業。

ゴシゴシしていると、表面がツルツルになり、汚れたとれた~と目に見えて実感できます。

こういうデコボコのところって汚れが溜まりやすく、お風呂用の洗剤を使ってもなかなか落ちない事が多いのに、そんなに力を入れなくてもすっと汚れが落ちるのがいい!

lakracybath2

お風呂の床の汚れがきれいに落ち、感動しました♪

lakracybath9

また、黒ずみって浴槽の側面にも付きやすいですよね。塩素系漂白剤を吹き付けてみたのですが、ムラができて、余計に汚くなってしまったところがあります。

そこにも重曹をふりかけ、ラクラシーのブラシノズルでスチームをあてながらゴシゴシしてみました。

lakracybath20
黒ずみがきれいに落ちました。

重曹と熱だけのナチュラルクリーニングで、塩素系漂白剤以上の効果があるとは驚きです。お風呂は身体が直接ふれるところ。安全にお掃除できることもうれしいです。

ラクラシーが苦手とする汚れ

ラクラシーは、油汚れや皮脂汚れを落とすのが得意ですが、落とすのが苦手な汚れもあります。
lakracybath8

それが、お風呂のゴムパッキン? シリコン?についた黒カビ。黒カビには、いくらスチームをあてても全く落ちません。ブラシでゴシゴシも逆効果なようなので、やめておきました。

ただし、お風呂の壁面(ツルツルの素材)についた汚れはスチームできれいにとれます。

排水口ほか全体的に除菌できる

もし、黒カビが発生している場合には、漂白剤などで、取り除き、水できれいに流した後、ラクラシーでシューとスチームを当てておくと、除菌ができます。

カビは約60度以上になると死滅するので、100度の熱がでるスチームがかかるとほぼほぼ撃退できます。いずれまた、発生するにしてもその場にいるカビはかなり減らせますよね。

lakracybath27

排水口まわりなど、カビの発生しやすいところには念入りに。はヌメリやべたつきは強力噴射で吹き飛ばします。

lakracybath1

スチームをあててお風呂掃除すると全体的にぽっかぽか。除菌済みって感じできれいになった我が家のお風呂。なかなかよいです。

ラクラシーでお風呂掃除の動画はこちら。汚れが落ちていく様子がよりよくわかります。

購入はショップジャパンで>>ラクラシー スチームクリーナー

【関連記事】

ラクラシースチームクリーナーとは?

ラクラシースチームクリーナーの基本の使い方

ラクラシースチームクリーナーでガスコンロ・シンクのお掃除

ラクラシースチームクリーナーお風呂の床の黒ずみ掃除

モップにもなるラクラシースチームクリーナー

ラクラシースチームクリーナーでレンジフード(換気扇)のお掃除

ラクラシースチームクリーナーで窓拭き掃除

つけたまま簡単楽々網戸掃除 ラクラシースチームクリーナー

ラクラシースチームクリーナーを使ってみた感想・クチコミまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする