窓拭きロボット WINBOT850が使える窓のサイズと箱の中身

窓拭きロボット WINBOT850をモニターさせていただいています。窓拭きロボットとは文字通り、窓をスイッチひとつできれいに自動で拭き掃除してくれるというもので、年末大掃除にむけて大変便利な家電です。
winbot007
詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

窓拭きロボットWINBOT850 に入っている部品

winbot005

WINBOT850の箱の中に入っているものがこちら

  1. ロボット本体
  2. 電源アダプタ
  3. 取扱説明書
  4. 安全ポッドと安全ロープ
  5. リモコンと電池
  6. クリーニングパッド
  7. クリーニングリキッド
  8. 延長ケーブル1.5m
  9. 仕上げ布

winbot011

実際には、一つ、一つビニール袋にくるまれていましたが、わかりやすいようにビニールを剥がした状態がこちら。

winbot010

上下2段にわかれてはいっています。

窓拭きロボットはどんな窓に使えるの?

winbot050

窓拭きロボットは、縦横50センチ以上の窓につかえます。窓以外にもフラットな壁ならお掃除することができます。

winbot030

窓枠の高さにも制限があり、5ミリ以下だと使うことができません。我が家の場合左右はしっかりした窓枠がありましたが、

winbot031

上下は5mmギリギリほどの高さしかありませんが、使うことができました。

【関連記事】

窓拭きロボットWINBOT850使える窓のサイズと箱の中身
窓拭きロボットWINBOT850の使い方
窓拭きロボットWINBOT850のお手入れ方法
窓拭きロボットWINBOT850のメリット・デメリット・クチコミ
この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする