ごはんとおかずが同時に作れるツインシェフとは?

ごはんとおかずが同時に作れる「ツインシェフ」を使ってみました。

「ツインシェフ」は、ショップジャパンで販売されている内釜が2つある炊飯器。設定によって自動調理鍋にもなり、最大で一度に4品作ることができます。

ツインシェフ

「ツインシェフ」の特徴、付属品、サイズについて詳しく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツインシェフの特徴

    • 2つの鍋でごはんとおかずが同時に調理できる
    • 蒸しプレート付きで最大4品同時調理可能
    • 10種類のクイックメニューでボタン押すだけ調理
    • 手動調理機能で温度や時間が設定できほったらかし調理ができる
    • タイマー付きで出来たてが食べられる
    • 火を使わないので高齢者・こどもでも安心
    • 災害時、ガスがとまってもこれ1つでごはんとおかずが作れる
    • 温めなおし、保温機能つきで食事時間がバラバラでも安心

一番の特徴は、炊飯器に鍋が2つ入っていること。

他社製品ではタイガーのtacook(タクック)があります。

tacookの構造

tacookは、ごはんの上におかずを入れた鍋をセットして、ごはんを炊く蒸気を利用しておかずを調理します。

鍋は一つなので、上でおかずを作る時には、5.5合炊きのものでも1~2合しか炊けません。

それに対して、ツインシェフは、鍋が最初から左右にわかれており、1つの鍋の容量が1.8リットルなので、でお米なら4合、おかずなら4人分ほど作れます。

ごはんとおかず同時調理で、4人家族の量をまかなえるのはツインシェフだけ!

ツインシェフは、炊飯器2つ買うのとは違うの?

ツインシェフは、内釜が2つは入っている炊飯器です。では、炊飯器2つ買ったらいいんじゃないの?って思いますよね。

お米を2つ分炊きたい場合は、それでもいいのですが、ツインシェフは普通の炊飯器としても使えますが、自動調理鍋なのです。

温度を35~135度に、時間を1分~12時間まで設定可能で、おかずを作りやすくなっています。

炊飯器でできるチャーシューなど普通の炊飯器でおかずを作る人も多いのですが、おかずも作れますよという炊飯器で作るのは、OKですが、何も書いてない炊飯器で勝手におかずを作るのは実はNGって知ってました?

ツインシェフは、炊飯器としても使えるし、自動調理器としても使えるので、安心しておかずが作れますし、炊飯器以上に上手におかずが作れます。

ツインシェフの内鍋

あと、特徴としては、普通の炊飯器の鍋が丸型にたいして、ツインシェフの内鍋は、いびつな形をしています。

ケーキなどを作りたいという人は注意ですね。

ツインシェフの付属品

ツインシェフの付属品

ツインシェフ本体

おたま

しゃもじ

軽量カップ

取扱説明書

がついていました。

買ったはいいけど、本当に使いこなせるの? と心配ですが、取扱説明書の中にレシピが載っています。

ツインシェフの説明書についているレシピ

セットになっているものはコロコロかわるので、今現在セットになっているものは下リンクで確かめてくださいね。

2020年2月現在、ショップジャパンで購入すると、

「ナイサーダイサー スマートつき」なら、ポンと押すだけで食材を12通りにカットできる多機能下ごしらえ器「ナイサーダイサー スマート」(8,900円)がついて

通常28,700円のところ → 19,800円

「ツインシェフ特別セット」なら、「ナイサーダイサー スマート」+「吸水クロス」+「セラフィットフライパン(20cm」+「延長保証4年」

通常29,680円のところ → 22,800円のキャンペーン中

公式サイトははこちらから→ツインシェフ 商品到着後39日間返品保証 (使用後でも返品可)

ツインシェフの仕様:サイズや重さ

ツインシェフは、炊飯器としては横幅が大きいです。

ツインシェフのサイズ トースターとの比較

バリュミューダのトースターの横に置いてみました。幅が41cmもあるので、トースターより横幅があります。

ただし、色が白なので、すっきりしていますね。

  • サイズ: 幅410mm×高さ210mm×奥行300mm
  • 重さ : 約5.2kg
  • 消費電力:900W(450W×2)
  • 最大調理容量:約3.6L(1.8L×2)

コンセントさえあれば、どこでも調理できますが、炊飯器なので、キッチンに置きっぱなしが基本。

蒸気はそんなに勢いよくでないので、炊飯器の上はそんなに開けなくても大丈夫でしょう。

購入はこちらから → ツインシェフ

商品到着後39日間返品保証 (使用後でも返品可)

【関連記事】

ツインシェフとは?

ツインシェフの簡単お手入れ方法

ツインシェフの使い方

ツインシェフでつくってみた料理とレシピ

ツインシェフを使ってわかったメリット・デメリット・口コミ・評価・レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする