フェリシモ・大人女子に京都の雑貨でしとやかさアップ

はんなりとかわいらしい、持っているだけで京都時間を感じるようなフェリシモの和雑貨を紹介します。めがねやティッシュなどの日用品の他、ご朱印帳などもいれられます。

kyotogoods017

この先紹介する、がま口とカードケースはいずれも同じ柄の形違い。伝統を受け継ぐ京プリントといって、京都でプリント染色されたものであることを証明するタグがついています。大人かわいい京雑貨はギフトにもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あんじょう仕立てたぺたんこがま口ケースの会

かわいいてまり柄のがま口ケースは、ご朱印帳も入るサイズ。京都でお寺めぐりをするのにこういうのをもっているとおしゃれですね。持ち手は取り外しでき、意外と長いので、肩掛けもできます。

kyotogoods019

中はがま口でぱかっと開いて、入れやすい。通帳やスマホ、めがねなど家の中で使うものをいれておいてもいいですよね。

kyotogoods018

表面にはポケットが、旅行でつかうときには、チケットやしおりなどいれておけます。生地はポリエステル100%でぺらぺらの生地なので、あまりに重いものをいれると形が変わってしまいます。

購入はこちらから>>フェリシモ 京都時間を感じる あんじょう仕立てた ぺたんこがま口ケースの会

ようさんはいるがま口ポーチの会

kyotogoods011

ようさん入るがま口ポーチは、お財布のような形をしたポーチ。

kyotogoods010

見た目よりもがばっと大きく上が開くので、コスメをいれるポーチとしても使えます。かぱっとあけたときの色合いもキレイで開けた状態でそのままにもできるので、中になにかいれて飾っておくという手も。

kyotogoods009

カラフルなアメなどをいれて、キッチンカウンターにおいておくのはいかが?

購入はこちらから>>フェリシモ 京都時間を感じる ようさんはいる がま口ポーチの会

ようさんはいるぺたんこカードポケットの会

kyotogoods014

使いやすいてのひらサイズのカード入れ。ポイントカードでお財布の中がパンパンになっていないでしょうか?

kyotogoods013

ぐるっと半周ファスナーで開けられるので、

kyotogoods012

中が見やすく、中央の仕切り部分にもたっぷり収納できます。中には仕切りがたくさんあるので、種類ごとにきれいにわけることができます。おしゃれなポイントカード入れとして、診察券入れとして使えます。

サイズは約10×13㎝ ストラップの長さは30㎝。ストラップをかばんの持ち手にひっかけて、かばんやお財布の中がぐちゃぐちゃにならないようにしましょう。

>>フェリシモ 京都時間を感じる ようさんはいるぺたんこカードポケットの会

はんなり絹の数珠袋

kyotogoods004

自分の数珠、持っていますか?我が家は月に一回お墓参りにいくので、こどもまで自分の数珠を持っていますが、身代わりやお守りにもなり、功徳があるといわれています。自分を守ってくれる数珠はお気に入りの袋にいれて持ち歩きたいもの。

こちらは、京都西陣で織られた絹100%の数珠袋。絹なので、触り心地もよく、柄も古来風流茶人に愛された遠州緞子柄。

kyotogoods003

袋は広げると正方形なのですが、数珠を入れたら、折り返してつかいます。上の写真のピンクの数珠もフェリシモのもの。しっかりと重みがあるAランクの本水晶。数珠の色と袋の色をあわせるとおしゃれですね。袋と数珠は別売りなので、袋だけでも、購入できます。袋はメガネケースにもできるサイズです。

>>フェリシモ 京都時間を感じる はんなり絹の数珠袋

組みひもブレスレット

kyotogoods005

古来、組みひもは、仏具や茶道具、、着物の帯締めとして重宝されてきました。そんな組みひものブレスレットはフェリシモと京都宇治“昇苑くみひも”がコラボしてつくられたもの。

kyotogoods006

こちらは着物などに用いられる日本の伝統色をイメージした配色。映画“君の名は”にも組みひもを編んでいるシーンがでてきましたね。人と人との縁を結ぶお守りがわりとして身に着けるのもおすすめです。

>>A HREF=”http://linksynergy.jrs5.com/link?id=aKjlINzLMV0&offerid=456164.849765&type=15&murl=http%3A%2F%2Fwww.felissimo.co.jp%2Fkraso%2Fgcd849765%2F%3Fxid%3Dp_afl_fc_MD%26bid%3D7385″>フェリシモ 京都時間を感じる はんなりした色の組みひも絹ブレスレットの会

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする