サイズ色柄、素材ともにコスパがいい ベルメゾンのリネンキルトラグ

リビングのこたつ机の下に敷くキルトラグを買い替えました。

これまで種類はちがうもののベルメゾンだけで3回目のリピ買い。他にいいのないかな~といろいろ探しているんですが、こういうラグ、他でほんとに売ってないです。

今回購入したのは、リネンキルトラグ。色も柄も素材も満足です。

floarmat2014001

この2年つかってたラグがこちら。これも同じくベルメゾンで買ったフレンチリネンのふかふかキルトラグ。2年間使っているとあちこち、中からこんな風に綿がでてきます。

でてくるのがおもしろいのか、こどもが勝手にひきだしていることも・・そんなこんなで綿が減ってきて表面がモロモロになってしまいました。

floarmat2014003

今回買ったものが左のリネンキルトラグ。

どちらもリネンでできているのですが、使うほどになじむリネンの性質からか、2年間使い込んだ右側のラグのほうが肌触りがよく、新しく届いた左のリネンキルトラグはシャリっとしています。

リネンにはペクチンという水を弾く性質がありますが、新しいシャリっとした頃の方が水を弾きますね。

リネンは繊維自体に天然の抗菌性があるそうです。毎日寝転がるスペースなので、清潔に保ちたいものです。リネンってやっぱりいい。

質だけでなく、見た目もちがいます。キルティングの幅が今回買った方が広い。

このラグ自宅の洗濯機で洗濯ができるのですが、キルティングの幅がせまい方が、中で綿がよれなさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナチュラルインテリアになじむ色展開

floarmat2014007

リネンキルトラグはベージュ、チェック、チャコールの3色展開。これはチェックです。

こういうラグってイオンとかニトリとかにありそうなのですが、素材が麻で、しかもこんなもえぎ色みたいな中間色のラグってまずありません。

あって、無地のグリーン。でもこんな色じゃない。

ベルメゾンのリネンはフランスのノルマンディ地方産のリネンで上質で値段がお手頃。肌触りもいいです。
floarmat2014015

サイズもニトリだと175×175と我が家のようにコタツをおいて座布団を置くという状態だと200×200は絶対にほしいところ。

デパートで唯一見つかったのですが、今度はお値段が1万円以上。

こちらは8,629円です。

増量ボリュームアップ版登場!

floarmat2014008

ベルメゾンのこの手のラグはクチコミをみても誰もがいっていますが、思ったより薄いんですね。このリネンキルトラグは、その中でもキルティングが細かく綿がモコッとしていうためか、まだましかなと思われます。

あまり薄すぎると、上を歩くだけでよれたり、くちゃっとなったり・・となりますが、リネンキルトラグはそこまでではありません。

薄い、薄いといわれたからか、今回、今まで通りのレギュラータイプに加えて、中綿増量タイプのボリュームアップ版が登場しました。

どちらを買おうか考えたのですが、我が家では、夏も冬も同じラグを使用するので、ボリュームアップタイプだと夏暑苦しいかなというのと、洗濯機で洗えなくなるということで、やめました。

floarmat2014004

裏には、こんなゴムがついているので、ホットカーペットカバーにもなりますし、我が家では、キャンプなどで下に敷く、銀マットをしいています。

マット自体がふかふかのがいい!という人はボリュームアップ版を購入してくださいね。

購入はこちらから

>>リネンキルトラグ
icon

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする