【スライス】クイジナートのフードプロセッサーで1ミリスライスしてみました

クイジナートのフードプロセッサーDLC-10PROには1ミリスライサーが標準装備されています。

DLC-10PROは業務用として売られているのですが、家庭用で1ミリスライサーが最初からついているのってないんですよね。

部品対応表はこちら

私はおろし金と1ミリスライサーがついているからDLC-10PROを選びました。さっそく1ミリスライサーをつかっていましたよ。

スライサーを使うにはディズクハンドルという柄みたいな部品をつけます。それを本体にこのように設置。

まずは細長いきゅうりを輪切りにしてみますよ。上の白い部品は小プッシャーといって、上からきゅうりを押すのに使います。

こちらはそのときの動画

はやすぎてびっくり~。何がなんだかわかりません。

できあがったきゅうりの輪切りがこちら。切り口をくずすことなくきれいに輪切りができてます。しかも薄い~。

2~3ミリスライサーも売っていますが、2~3ミリなら自分でも切れそうだから・・これはいいですね!

細長いものなら、こうやって細口投入口からいれますが、たまねぎのスライスやキャベツの千切りは上の細口投入口をはずしていれます。

はずすにはココをぐっと押すと上に抜けます。説明書に書いてあるんですが、どうもこのクイジナートのフープロの説明書はわかりにくい。

メリハリがなくココっていうポイントを探すのに苦労します。

はずしてたまねぎを中へいれます。また動画でスライスしているところを紹介しますね

 こちらも一瞬すぎてわけがわかりません。え?もうおわったの?という感じ。

こちらも薄い!しかもいままでフードプロセッサーではみじん切りしかできなかったので、こんなことができるんだ~って感心しました。

大量にたまねぎの炒めたもの作るときとかは楽ですね。

私がもってるのはこちら

フードプロセッサー記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク