マキタのコードレスクリーナ CL141FDRFW 買いました

この夏いろいろありまして、単身赴任の夫の家がなんと床上浸水。

強制加入で入っていた家財保険で、失ったもの全額+30%補償されました。家電はほとんどもともとマンションについていたので、そんなに失ったものってないんですけど、それでももう使ってないパソコンとかも置いてあったので、たくさんもらえて不幸中の幸い。

掃除機は自分のものだったので、でた保険で購入することにしました。なんだったら、今までつかっていた掃除機をもっていくから、自宅の掃除機を買い替えてもいいよといわれたので、前から欲しかったマキタの充電式クリーナーと購入してみました。

単身赴任の家で使うかうちで使うかはこれから検討中です。今、夫はコロコロを使用中(笑)。

お友達のmicaさんに、買うなら業務用がいいよとおしえてもらったので、いろいろある中でも吸引力が強いものを購入。

makita-buy8

マキタのコードレスクリーナーが届きました。お~シンプル。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マキタのコードレスクリーナーが届いたよ

いろんな型番があるなか、我が家が購入したのは、CL141FDRFW。リチウムイオンバッテリーで、紙パックいらずのカプセルタイプ、スイッチが押しっぱなしにできるタイプです。

開封してみた動画はこちらです。再生時間:1分31秒

サイズがコンパクト 小回りがきく

makita-buy2

届いた段ボールをみて驚きました。今まで使っていた掃除機は普通サイズの掃除機ですが、この差、すごくないですか?小さい!コンパクト!

makita-buy6

箱を開けてみたら、3つに分解されていただけで、組み立てるとすぐに使えました。

右下の黒いのが充電器。急速充電器で、マキタは掃除機以外にもチェンソーとか芝刈り機、ドリルなどいろいろありますが、バッテリーが共通なんだって。

充電器もこれをもっていれば、次に掃除機だけを買い替えたらいいので、安くすみます。

使ってみました

makita-buy10

いいな~と思ったのは非常にコンパクトで、お手軽なところ。

箱も小さかったけど、中身も小さくて、ストレートパイプとノズルを取り付けたときの長さは98.1㎝。身長145㎝の長女がもってちょうどなサイズな感じなので、背が高い男の人は逆に使いにくいかもしれないですね。

makita-buy9

コンパクトなので、ちょっとしたゴミ、朝ごはんのパンくずなどはさっととりだして、さっと掃除ができて非常に小回りがききます。

持ち手のところにON (強・弱) OFFのスイッチがあるので、操作しやすい反面、その下にはやや重いバッテリーがあり、本体のみの重さが1.3キロ。上の方が重いってことでちょっとバランスが悪いような気もします。

こどもや子育てをしている主婦の年代ならそんなに重いと感じることはないとおもいますが、年配の方にはやや重いかも。

マキタ CL141FD の仕様

 集じん容量 連続使用時間 充電時間 吸込み仕事率
650ml 強:約20分標準:約40分 約22分 強:約25w標準:約9w
電源 サイズ 重さ 付属品
Li-ionバッテリー3.0Ah-直流14.4vバッテリーにBL1430

充電器 DC18RC

981×114×152㎝ 本体のみ 1.3㎏ ノズルストレートパイプサッシノズル

私が購入したのはこちらです

【マキタ関連】
マキタのコードレスクリーナ CL141FDRFW 買いました

マキタ充電式クリーナーCL141FDRFWの使い方

失敗しないマキタコードレスクリーナーの選び方

マキタ充電式クリーナーでサッシ、車、高いところ、階段の掃除方法

コードレスクリーナー ダイソンDC74 VS マキタCL141FDRFW 徹底比較!

【掃除機関連記事】
ダイソン・ティファール・エレクトロラックス・山善 スティックタイプの掃除機4種比較・・コードレスクリーナー比較

ハンディタイプにもなるダイソンのコードレスクリーナーDC45・・・ダイソンのコードレスなら

掃除機賢者ヒデさんに学ぶ目的別掃除機の選び方・・この情報は参考になる

図書館のような静けさ “一番静かな吸引力”のエレクトロラックスのエルゴスリーとは?・・静音で選ぶならこれしかない

エレクトロラックスのコードレスクリーナー2種とダイソンDC45との比較・・エレクトロラックスVSダイソン

音が小さく小型化したダイソンDC48は標準装備のツールがすごい・・ダイソンのツールはコードレスにもくっつきます

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする