無印良品 素材を生かしたスープ 蟹のビスクを飲んでみました

無印のレトルト大好きです。

無印の店舗にいってみたら、“テレビで紹介されました♪”と書いてあったので、おいしいのかな?と思い、“蟹のビスク”をのんでみました。

カニのビスクとは?

“蟹のビスク”・・・私にはききなれない言葉です。

ちなみにビスクとは滑らかでクリーミー、味の濃いフランスのスープのことだそうです。

裏ごししたカニ、コエビ、ザリガニなど甲殻類をベースとして作られるものみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お手軽においしい料理、無印のかにのビスク

無印のレトルトは、袋のままお湯であたためるか、開けてレンジでチンするだけ。

私はいつもチンしています。電子レンジのフタをあけただけで中からと~ってもいいにおいがしてきました。高級ホテルとかで食べるスープのにおいですな、これは。

すくってみると中にカニが入っています。

味は、ほんのり甘くてコクがありカニのだしがたっぷりきいておいしい~。

フランス料理のスープをお手本にした蟹のスープとかかれているだけに、なんか高級感があります。中にはいっているのは、紅ズワイガニ、し、トマトと香味野菜、生クリームなど。野菜とカニの甘みで、まろやかで濃厚な味です。

おいしいし、これ家族みんなに食べさせたい♪家でもつくれるんじゃない?とレシピをさがしたところ、材料のカニが600~800gってほぼ1匹じゃないかっ。

年末にお取り寄せして食べたカニが1キロ5000円、それをほぼ使ってこれを作るのはもったいないね~ということで却下。

半分でももったいないよね。

唯一作れるかなとおもったレシピはこちら ⇒ 蟹のカラをつかったカニのビスクの作り方

エビの殻を使ってだしをとったことがあるのですが、とってもコクがありおいしいスープができあがりました。

カニの殻でもできるみたいです。これなら次回カニをお取り寄せしたときにできそうです。

ということで、カニのビスクを家で作ろうとおもったら、294円とは比較にはならない値段がかかってしまいそうです。

うちはこのレトルトで十分だな~。また1人で楽しみたいなと思いました。


 【関連記事】

北国からの贈り物からプリプリでおいしいカニ届きました

タイカレーグリーンの手作りキットで自分でつくるグリーンカレー

おうちで簡単タイ料理・・お昼ごはんにトムヤムクンをどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする