初心者におすすめ 刺しゅうキット「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

フェリシモさんの手作りキットカタログ “クチュリエ”より、22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会”とはどんなものかお試しさせてもらいました。

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会とは? キットの中身、月ごとにどんなことを学べるのか、どんな人におすすめか について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会とは?

刺しゅうなんて、子どもの頃、家庭科でやったきり、そもそもやったことがない・・そんな人におすすめなのがこのレッスンキット。

刺しゅうで大事なのは、何度も繰り返し練習すること

同じステッチを1本取りから6本取りまで繰り返し練習するので、指が自然とを自然と覚えていきます

全6回22種類のステッチを習得できます。レッスン用クロスのほかに、毎回応用作品の小物が作れます。

こちらのキットは、6回限定のキットで、6回分届いたらお届け完了。全種類届くと以降は自動的にストップします。

もちろん、途中でお休みしてもOK。1回のみでストップしてもOK

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会のキットの中身

キットの中に入っているものは、

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会のキットの中身

  1. 材料セット(練習用クロス、応用用クロス、刺しゅう糸など)
  2. 作り方説明書
  3. 刺しゅう針(初回のみ)

上の写真は、1回目に届くセットで、刺しゅうを飾るためのフレームなどは、お届け月によって多少変わってきます。

値段は月1セットで 1,543円です。

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会の難易度

刺しゅうレッスンの会は、名前の通り、刺しゅうの基本を学ぶコースです。難易度は、小学生でもできる簡単なもので、刺しゅうが苦手な方、初心者の人が対象です。

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会説明書

テキストは、針に糸を通す方法から説明されているので、本当に、何もやったことがないという人でもイチから学ぶことができます。

刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会 説明書

刺しゅうや手芸って図で説明するのは、難しいもの。フェリシモの説明書は絵がていねいで大きくわかりやすいです。

刺しゅうレッスンの会の内容

制作時間の目安は約3~8時間

結構時間がかかるイメージですが、やることは、本当に簡単なことばかり。連続時間ではなく、時間があるときにちょっとずつ進めることができます。

週末や夜寝る前のちょっとした時間をまとめれば、1ヶ月に3~8時間ぐらいなら作れそうじゃないですか?

1回分を実際にやってみました。

最初に練習用クロス → 次に応用実践 という流れになります。

今月学ぶステッチは、バックステッチ、アウトラインステッチ、サテンステッチ、フレンチノットステッチの4つのステッチです。

刺しゅうレッスンの会の内容

それぞれ1本どりから6本どりまで6回は練習することになります。

刺しゅうレッスンの会 やってみた画像

やってみましたが、結構難しいですね。フレンチノットステッチなんて、全然サイズがそろってないし・・(笑)。

サテンステッチもきれいな円になっていないことがわかります。

刺しゅうレッスンの会 やってみた画像

さらにその練習用クロスの中には、それらのステッチを組み合わせてつくる刺しゅう柄が下絵で描いてあるので、そこを刺しゅうしていきます。

刺しゅうレッスンの会練習用クロス

練習用クロスの完成

そして、応用編として、その月の作品を作ります。今月は、フレームでした。

刺しゅうレッスンの会 やってみた画像

すでに下絵がかいてあるので、そこに今月ならったステッチを組み合わせて刺しゅうしていくだけ。

刺しゅうレッスンの会 やってみた画像

練習の時には、あ~同じステッチばっかり6回もめんどくさい・・と思ったものですが、実際にかわいい柄を刺しゅうして、どんどんできあがってくるのをみると、楽しいです。

しかも、練習の時には、バラバラだったのに、本番では上手に刺しゅうできるようになりました。

おそらく、練習はシンプルなものだったので、アラが見えやすいけど、本番は、1つ1つのステッチより、かわいい柄に目がいき、細かく見ることはないからかな。

刺しゅうレッスンの会 やってみた画像

フレームが完成しました。

かわいい♪お部屋に飾ると家族みんなが、“かわいい”とほめてくれました。毎月、異なるステッチが覚えられて6ヶ月後には、刺しゅうの基本はマスターできます。

基本を知っていれば、後は、自分で本刺しゅうの図案集を買って、好きな刺しゅうができるようになりますし、絵が描ける人ならオリジナルの絵で刺しゅうもできますよ。

作業時間は、全部で4時間ぐらいだったように思います。やり始めたら面白くて、一気にしあげたくなるのが困ったところ(笑)。

ひと針、ひと針、刺しゅうするのは、まるで写経をしているかのような気持ちになれるので、あわただしい日常を忘れて、自分だけの時間が過ごせました。

刺しゅうレッスンの会で作れる物

刺しゅうレッスンの会練習用クロス

刺しゅうレッスンの会の練習用クロスは並べるといろんなステッチが学べることがわかります。

さらに、応用編で作る作品がこちら

刺しゅうレッスンの会で作れる物

  • フレーム
  • きんちゃく
  • ティッシュケース
  • ドイリー
  • ハンカチ
  • ブックカバー

です。子どもの持ち物にちょっとした刺しゅうをしてあげると、ワンポイントになってかわいいですよね。

刺しゅうレッスンの会はこんな人におすすめ

基本のステッチをマスターできる刺しゅうレッスンの会はこんな人におすすめです

  • 刺しゅうをやってみたい小学生
  • 刺しゅうがやってみたいけど、いまさら誰にも聞けない人
  • 家でちょっとした趣味がほしい人

一度できるようになると、あとは材料を揃えるだけで色々なものが作れるようになるので、その後もずっと楽しめますね。

他のシリーズもみてみたいという人はこちら→ フェリシモのクチュリエ手作りキットで一番人気なのはどれ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする