焦げ付きにくいヘルシーネオフィットフライパンでいろいろ料理を作ってみた

驚くほど焦げ付きにくい“スベ~ル”フライパン“ネオフィット”でいろんな料理をつくってみました。

本当に焦げ付かないのか、すべ~るのか検証してみましたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネオフィットなら薄焼きたまごが上手に作れる

なかなか難しい薄焼きたまごもネオフィットなら上手につくることができました。ショップジャパンの動画のようにスルスルと“スベ~ル”ことはなかったのですが、くっつかないのはよくわかります。薄く焼いた玉子焼きが簡単に剥がれて、楽でした。

錦糸玉子がなかなか上手に作れないという人は、ネオフィットさえ買えばバッチリです。

ネオフィットで羽つき餃子もするんとお皿に


焦げ付きやすく、くっつきやすい餃子もネオフィットなら上手に焼けます。油をひかなくてもくっつきにくいのが特徴ですが、餃子に関しては、少々でも油を敷いたほうがおいしいです。

最後に餃子をお皿にうつすとき、フライパンにくっついて剥がれな~いってこともなく、するんと移動できて気持ちいい!

焦げ付きがこわいカラメルソースもばっちり

新品のフライパンでカラメルソースをつくっちゃう自分の勇気がすごい・・。カラメルソース作ってみました。

お菓子づくりが得意なお友達によると、カラメルソースは焦げ付きやすいため、途中でやめちゃう人が多いけど、もうちょっと我慢するとおいしいカラメルソースができるんだよ。我慢が大切 と教えてもらいました。

なぜ、途中でやめちゃうかというと、鍋が焦げるのが怖いから。カラメルソースを焦がしたら、もう“捨て”です。

でも、ネオフィットなら、カラメルソースもはじきます。焦がさず上手にカラメルソースがつくれるので、自宅で安くておいしいプリンがいつでも簡単につくれますよ。

魚×ネオフィット

魚はフライパンで焼いたほうがお片付けが楽。ただし、魚焼き用のアルミホイル必須ですよね。あれ、敷いていてもアルミホイル自体をこがしちゃうときあります。

ネオフィットなら、油もアルミホイルもひかなくても、くっつくかず、皮もはがれない。

遠赤外線効果で中までしっかり火が通って、グリルで焼くより早くおいしく焼けました。お片付けも楽でたすかります。

もち×ネオフィット

くっつくとなかなかやっかいなおもち。ネオフィットなら、油なしでそのまま焼いてもフライパンにくっつかず、きれいに上手に作れます。焼けたもちに砂糖醤油を加えて絡ませるとみたらしだんごのようなおもちに。。

焦げ付きにくいフライパンなので、冒険ができます。

ネオフィットを使うと

  • 料理がフライパンにくっつかない
  • 焦げ付かない
  • コゲはつく
  • 芯まで早く火が通っておいしくなる
  • 後片付けがラク

ということがわかりました。

【関連記事】

取っ手が取れるスベールネオフィットフライパン

ネオフィットフライパンの特徴

焦げ付きにくいヘルシーネオフィットフライパンで色々料理を作ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする