取っ手が取れる スベ~ルネオフィットフライパン

ショップジャパンで発売中の驚くほど焦げ付きにくい!油いらずのヘルシーフライパン『ネオフィット』というフライパンをお試ししています。

neo029

我が家には、ダイヤモンドコーティングの24㎝の新しいruhruフライパンと20㎝のスイスダイヤモンドフライパンがあり、どちらも焦げ付きにくく、洗い物も簡単、しかも料理がおいしくできるってことで、満足しているのですが、3枚セットでruhru 1枚ほどのお値段で、油不要、料理がすべるほど・・というのが気になります。

ネオフィットフライパンがどういうものか、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

取っ手の取れるフライパン!

ネオフィットはドイツ国内で大ヒットのフライパン。セット購入もできます、お得ですが、今回は、ショップジャパンさんのモニター提供で、28センチのフライパン(7,000円)を1ついただきました。

neo003

ネオフィットのフライパンは、取っ手の取れるフライパン。お届け時、フライパンの取っ手とフライパンは別になっています。

neo008

カバーをとって、

neo009

取っ手を差し込むだけ。

neo010

neo011

しっかり差し込んだら固定されたか確認します。ネジで固定されたフライパンや鍋の柄は使っているうちにゆるんでグラグラすることがありますが、かえって取り外しできる方がグラグラしませんね。

neo030

フライパンはやや重いけど、しっかりした取っ手で、安定感があります。

取っ手は、フライパンのサイズによって対応サイズが異なります。

収納しやすいフライパン

取っ手が取れるともう一ついいことがあります。

それは収納しやすいこと。

neo045

我が家は、こんな風にフライパンや鍋をすぐにとりだせるように収納しています。28センチものフライパンとなると、取っ手がつっかえてドアが閉まらなくなってします。

neo051

取っ手が取れれば、収納も余裕です。セットで3枚購入すれば、間に傷をつけないためのマットもついているので、重ね収納もできます。

【関連記事】

取っ手が取れるスベールネオフィットフライパン

ネオフィットフライパンの特徴

焦げ付きにくいヘルシーネオフィットフライパンで色々料理を作ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする