ビタントニオ ドーナツプレートを使ってプレーンドーナツを焼いてみた

先日購入した、ビタントニオのホットサンドベーカーのドーナツプレートを使ってみました。

こんなにかわいいドーナツがたくさんできました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレーンドーナツの作り方

■材料
薄力粉・・200g
ベーキングパウダー・・10g
バター・・60g
卵・・1個
牛乳・・130g
砂糖・・80g

薄力粉、ベーキングパウダーをあわせてふるっておきます。
バターは溶かしておきます。

①ボールに卵と牛乳を入れて、泡立て器でよく混ぜます

②①にバター、砂糖を入れて、軽くまぜてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムべらでさっくり混ぜます。

③ドーナツプレートは予熱をしてランプが二つついたらok。

油をぬって、生地をいれます。説明書には、ビニールにいれて、絞り器にいれてしぼって入れるとかいてありましたが、スプーンでも十分いれられます。

ただし入れる量がむずかしい。ベーキングパウダーがはいっているので、すぐにふくらみます。

④2分半~3分焼きます。

できあがり~。かわいい~♪
このレシピで36個できました。

一回につき6個できるので、6×3分で18分。なんやかんやで30分ぐらいはかかったかな。

生地作りは混ぜるだけなので、簡単。
焼くのも簡単なのですが、ワッフルとちがって、入れるスペースが小さいので、入れるのがむずかしかったです。

ちょうど線のところまで生地を入れるのがコツ。

いれすぎるとはみだしてこんな風になってしまいます。

はみだしたところもカリカリでおいしかったけどね。

食べてみました

焼き立てを食べるとカリカリ。中はふんわりでおいし~。焼いている途中にとってもいいにおいがしてくれるので、
焼きながら口に放り込む感じ。

ただ、しばらく置くとしっとりとして、私は焼き立てのほうがおいしいと思いました。

形は丸いシンプルなドーナツとフレンチクルーラーのようなネジネジの形の2タイプできます。生地をいれすぎると穴があかないのですが、

こどもたちが、箸でさして開けていました。気にならない人はいいんですけどね。

パーティーにもいいかも


かわいい焼きドーナツがたくさんできて、なんだかテンションがあがります。

焼き立てがおいしいので、お友達同志あつまって、ドーナツパーティなんてのもいいかも。と思いました。たこやきパーティみたいですけどね。

全部プレーンもね・・と思って、中にチョコチップをいれたものもつくってみました。こちらは冷めてもおいしい。やっぱり中に何かいれたほうがいいのかな。

お菓子作りが苦手な人でも混ぜるだけ、型に入れるだけ、の30分ほどでこんなお菓子が作れますよ~♪

2016年最限定モデルはマロンピンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする