ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカー  失敗しない購入ポイント

ワッフルメーカーはもともと貝印のものを持っていました。くまのプーさんの形にやけるワッフルメーカーで、焼き上がりがとってもかわいい♪

こどもに好評でしたが、あくまでも見た目で楽しむもので、味はホットケーキみたいなものでした。ビタントニオのワッフルはまるでお店で食べるような外はカリッ中はふわっなおいしいワッフルが作れます。

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーを買う時のポイントを紹介します。

いろいろプレートがあるけど、結局使うのはどれなんでしょう?

ビタントニオのワッフルメーカーは、プレートを変えることによっていろんなものが作れるようになっています。また取り外しができるため洗うのも簡単!

・ホットサンドプレート

・バニーニ

・タルトレット

・ピッツェル

・ドーナツ

・マドレーヌ

・たいやき

・パンケーキ

などがあり、我が家は最初から、マドレーヌ、ホットサンド、ワッフルがついているプレミアムセットを購入し、ドーナツ型をその時に同時に購入しました。

プレートはあとから欲しくなったら追加購入すればいいかなと思ったのですが、実際つかってみるとこれで十分。→後日、ポワゾンプレート(鯛焼きプレート)を購入しました。

単品で買うと2000円ぐらいなので、送料もかかってしまいます。できたら、最初に何が必要か見極めて一緒に買った方がいいかなと思います。

我が家で一番使うのは、ホットサンドとワッフル

マドレーヌはオーブンで、ドーナツは揚げて作った方がおいしいです。しかもドーナツもマドレーヌも型を買うと簡単なレシピがついていて、すぐに作ることができますが、形が違うだけで同じような味(笑)。

鯛焼きは、餅を入れて焼くとかわいいです⇒ビタントニオワッフルメーカー 白い鯛焼きで鏡開き♪がかわいい

しかしこのお菓子は、小さくて見た目がかわいい。特にマドレーヌは、貝殻のかたちになっていて、お店で買うような繊細な形をしています。

お友達にあげてもいいできばえに仕上がります。

またドーナツは、揚げた方がおいしいというものの、手間だし、こどもでも安全に簡単に作れるので、お菓子作りの第一歩にいいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレートは何種類あればいい?

プレートですが、1セットは本体に収まるので、いいですが、それ以上もっていると収納場所が結構入ります。

2枚がかさなってコンパクトに収納できるわけではなく、安定するように置くと、こんな感じに。結構場所をとるので、考えて買った方がいいかも。

ホットサンドのパンは何枚切り?

ホットサンドに使うパンは8枚切りと書いてあります。8枚切りだとうちの子にはお腹に重いみたいで、我が家では10枚切りをつかっています。

8枚だと中に具をいれるとパンパンになり、留め具がしまらないときもありますが、10枚だと簡単。

薄すぎると焼けませんとかいてありますが、10枚切りでも十分やけます。ちなみに、我が家の近くでは8枚切りも10枚切りも最初から切ってあるパンはあまり売ってないので、パン屋さんでまとめて切ってもらい、冷凍庫に保存しています。

食べるときには、電子レンジで半解凍して、そのままホットサンドベーカーヘ。

ワッフル&ホットサンドベーカーはどこで買うと安い?

ワッフル&ホットサンドベーカーが今まで最安値だな・・と思ったのはコストコ。あとは、アマゾン、楽天などでも安くなっています。そして、今現在もセール中のグラムールセールス、ギルト、などのファミリーセールサイトでも安くなっています。

グラムールセールス
最安値は今のところこちら

毎年限定のプレミアムセットがかわいい

私は2012プレミアムセットのカフェオレ色を購入しました。

このプレミアムセットはプレートが3枚ついていて、毎年限定色での販売です。カフェオレ色を今手にいれようと思ってもあまり在庫がないようです。
それもプレミアム感ですよね。

2013年のプレミアムセットはかわいいピンクですが、セットになっているものが深型ワッフルプレート・ホットサンドプレート・収納ケースで、プレート収納ケースが使えない!というクチコミも多いです。

プレートはみんなが持っている数が違うので、たくさんもっている人は結局はいらないですからねえ。。

そう考えると2012年のプレートが3つは行っているものはお得感があったな~と思います。

ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーを買うときのまとめ

ビタントニオのワッフルメーカーを買うなら、プレートはどれが必要か、収納場所はあるか、値段は安いほうがいいか、色は何がいいか・・などをあらかじめ考えてから買うと失敗がないと思います。

最新機種はこちら 2016年プレミアムセットはマロンピンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする