天然素材?! 洗える手編みバスケット

一見、天然素材に見えるアンティーク調のカゴなのに、実はポリプロピレンでできているというバスケットをフェリシモさんで見せてもらいました。

washkago9

ナチュラルな雰囲気を壊さず、洗えてしっかりしているカゴは、食品のストック、タオル、洋服の収納などに便利な上、がしがし洗えて丈夫な素材でできています。

我が家では、洗濯物の一時置き場に天然カゴを使っていましたが、これに買いかえることを決めました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

見た目が天然素材 ナチュラルな雰囲気を崩さないのがいい

washkago17

まるで天然素材のように見えるバスケットは目を近づけてもやっぱり天然素材のようですが、実は、ポリプロピレンでできています。天然素材だとささくれのようなものが出ていることが多いですが、こちらは触ってみるとつるつる。
washkago21

しっかりきれいに編まれていて表情豊かです。

washkago10

我が家は無垢のフローリングに無垢の木でできたテーブルや食器棚に囲まれたナチュラルな雰囲気ですが、このバスケットならインテリア全体の雰囲気を壊しません。

使わないときにはスタッキング収納できます

washkago22

天然素材のものだと持ち手が引きちぎれてしまったり、ささくれが中に入っている洗濯物についてしまったり、湿ったものをいれるとカゴ自体にカビが生えてしまうなど、いろんなデメリットがありますが、ポリプロピレンは丈夫でタフな素材なので、多少重いものを入れても取手が取れることもありせんし、ささくれがつくこともありません。

例え、カビが生えてしまったとしても水をかけてゴシゴシ洗うこともできます。

見せる収納というのは、非常に便利ですが、ホコリもたまりやすい。カゴが洗えるというのは便利ですね。

デザイン違いの大容量洗える手編みバスケット

フェリシモには、デザイン違いの洗えるバスケットがあります。

washkago14

こちらは木の皮を編んだようなより天然素材っぽいカゴ。大きめサイズなので、大家族の洗濯カゴや、大きな観葉植物のプランターカバーにも使えます。

washkago11

また、ゴシゴシ洗えるので、砂がついても大丈夫っということで、海や山のレジャー用品をまとめて収納し、車に積んででかけるときなどにも便利。

サイズ違いのスリム洗える手編みバスケット

さらにサイズ違いのスリムタイプのバスケットもあります。

washkago4

紙袋や雑誌、ハンガーなどを収納するのに便利です。

washkago3

洗濯機の周りって生活感あるものが散らばりやすいものですが、ナチュラルに隠して

収納するとすっきりします。

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする