臨床療法フェリシモお絵かきプログラム やってみた

フェリシモには、毎月、教材が届き、おうちでワークショップが楽しめるものがあります。そのうちの一つ、“脳がめざめるお絵かきプログラム“図工編””をやってみました。

oekakiprogram006

このプログラムは毎回、使う画材とともにやってくるので、道具を自分でそろえる必要はなく、届いたらすぐに始めることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お絵かきプログラムの受講方法

フェリシモの商品は、毎月、毎月、同じ種類のちがう柄、ちがう色の商品などが届くコレクションシステムになっており、こちらのプログラムも毎月ちがうワークショップが楽しめるものになっています。

1回で1つ作品が完成し、12か月のプログラム。月々1900円ですが、12回予約プログラムで、途中でやめることはできませんので注意してください。

臨床美術・芸術療法でストレス発散

このプログラムは、独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより、脳を活性化する“臨床美術”をベースにフェリシモとのコラボで作られたものです。臨床美術は、今では、学校やオフィスでのストレス発散や感性教育などさまざまな分野で取り入れられています。

これを作って手を動かすことで脳が目覚めたり、リラックスすることができます。作る楽しみ、達成感、作ったものを飾る楽しみもあります。

作った後は、完成作品をギャラリーにアップすると、臨床美術士からコメントがもらえます。

夢の熱帯魚をつくってみた

oekakiprogram027

画材類はすべてセットで届きます。小学校6年生の次女がつくってみました。

oekakiprogram011

使った後はもちろん他の用途で使えるので、このペン、うれしい♪

oekakiprogram022

中には、作り方動画へのリンクが書いてある紙がはいっているので、それをみて作り方を確認。

oekakiprogram024

まずはプラバンにやすりをかけます

oekakiprogram030

最初はオイルパステルでかきます。これってクレパスとはちがうのかな?

oekakiprogram033

やすりをかけた面にオイルパステルで好きな熱帯魚をかきます。セットの中にきれいな熱帯魚の写真も入っていましたので、次女はそれを参考に。。もちろん好きにかいてもいいんですよ。

oekakiprogram036

かけたら、オイルパステルを固定させるための粉をふりかけます

oekakiprogram039

ティッシュできれいにしたあと、手でおさえてさらに固定します。粉をかけることで、ちょっと色が落ち着いたように思います。

oekakiprogram045

プラバンを裏をむけて、ペンで細かいところを描いていきます

oekakiprogram050

ハサミでまわりをカット。ギザギザにきってもおもしろいですね。
oekakiprogram054

飾るためのクリップもセットにはいっています。特に絵や図工が苦手でも簡単につくれますし、やっている間は集中して我をわすれて楽しめるので、本当、楽しい。

毎月違うアートセットが届きます

oekakiprogram020

毎月ちがうアートが届き、いずれも材料セットで届きます。

oekakiprogram015

立体りんご。英字新聞をまるめてりんごをつくります。

oekakiprogram003

ピンでとめる羽。 おしゃれなオブジェのできあがり

oekakiprogram012

後でシールをはがすという新しいアートも。

oekakiprogram008

カラフルキノコは、中に針金がはいっていて、軸はすきなかたちに。

oekakiprogram010

さらに軸のさきに磁石がついているので、いろんなところにくっつけることもできますよ。

なかなか楽しい日常アート。こどもと一緒に楽しむこともできますし、ママのストレス解消に・・いかがでしょうか?


この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする