京都のSOU・SOU(そうそう)に行ってきました

地下足袋やてぬぐい、かわいいこどものじんべいなど斬新なデザインでかわいい京都のお店SOU・SOUへ行って、お店の中を取材&お買いものさせていただきました。
もうかわいすぎです!!京都のかわいいおみやげ選びにいかがでしょうか?

SOU・SOUってどんなお店?

SOU・SOUとは、日本語で“そうそう”ってうなずくことありますよね。その“そうそう”から名づけられたそうです。
そうそう・・は相手の事を「そう、そう」と認めることによって、お互いを確認・発見・発展させ、社会を築いていくことば。いい言葉ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SOU・SOUってどこにあるの?

SOU・SOUは京都人ならわかるかもしれませんが、四条花遊小路を上がったところにあって、最初から知らなければなかなかここは通らないってところにあります。
阪急電車京都線河原町下車 9番出口からでると四条新京極を2筋上がって(北にむかって)右折して少し行くとあります。

SOU・SOUは全部で5軒。
①SOU・SOU伊勢木綿
②SOU・SOU傾衣・・女性用着物類
③SOU・SOU着衣・・男性用着物類
④SOU・SOU足袋・・地下、1階、2階とそれぞれかばん、足袋、le coq sportif
⑤SOU・SOUわらべぎ・・こども服・こども用品

とわかれていて、見ごたえがありました。

SOU・SOUで私が買ったもの

お買いものしたら、こんなかわいい袋にいれてくれました。

買ったのはこの5点。

名刺入れ、てぬぐい(ひめ丈)、足袋ソックス2足、てぬぐい(普通サイズ)

横に開いて・・・

たてに開きます。すると入れ口が2つ。両方に10枚ずつ入りますよ。と言われたのですが、もうちょっと入れても大丈夫でした。

ちょうど名刺入れが欲しかったし、こんなかわいいデザインのはなかなかないですよね~?

990円でした。よく売れる商品だそうです。かわいいもんね。。

このとめる金具も紋のような模様がはいっていてかわいい。

ひめ丈サイズのてぬぐいはテーブルクロス用に購入しました。この柄、“間がさね”といいますが、一番人気のデザインだそうです。
というのも、どこに柄がでてくるかはきったところによりかわってくるので、オリジナル柄。

柄を選んでもいいですよ~といわれたので、紫が端にきているこの柄をえらびました。うちのテーブルは小さめなので、テーブルセンターはこのぐらいがいいかも。

足袋ソックスは2足セットで1050円。こちらも柄がいっぱいあってめちゃくちゃ悩みました。季節物の紫陽花柄のが一番人気だそうですが、やっぱりソックスって冬もはくし、自分の服にあうようなものがいいかなとこれとこれ↓をえらびました。

かわいい~♪新緑って感じ。グリーン系の服が多いのでつかえそうです。
和柄もたくさんあり、下駄をはくときには足袋をはかずにこれでもokですよね。

最後に普通サイズのてぬぐい。
手ぬぐいは毎月季節ごとにだしているデザインがあり、12か月分×3年分が棚にならんでいました。
これもならんでいると悩む~・・・・

とたちつくしていたら、『みなさん悩まれるんですよね』とのこと。散々なやんで3月生まれなので、3月のこの柄に。

テーブルセンターにしてみたら、華やぐわ~。

手ぬぐいはこんな風にも利用するつもり。すでに我が家にはてぬぐいはたくさんあるんだけど、本当にかわいい♪

sousouのデザイナーさんはマリメッコでデザイナーをしていた人もいるそうで、和柄の中にも斬新でかわいい、なんか北欧を感じるものもありおすすめです!!

【関連記事】
京都のSOU・SOU(そうそう)に行ってきました・購入レポート

SOUSOU手ぬぐいのお店レポート【京都】

sou・sou男性着物のお店レポート【京都】

SOUSOU女性和装のお店レポート【京都】

SOUSOU風呂敷とかばんのお店レポート【京都】

SOUSOU地下足袋のお店レポート【京都】

SOUSOUのわらべぎのお店レポート【京都】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする