しるくまカフェその3を購入 食べて遊んで徹底解剖した感想

しるくまカフェその3を購入しました。

しるくまカフェとは、ベルメゾンマンスリークラブで売ってるくまのかたちの懐中しるこ。インスタントでお湯をそそぐだけ。寒い冬にほっこりあったまれる癒し系おやつです。

※現在、2014年はしるくまカフェその4が販売されています。⇒しるくまカフェ その4

shirukumacafe3P1030085
icon

しるくまカフェその3はこんな富士山に初日の出(?)ちょっとめでたい日本の柄の箱になっています。

こどもがもったらこの通り。ひとめみてかわいい箱は、お友達の家や帰省みやげなどにケーキをもっていくよりインパクト大。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しるくまカフェその3の中身

shirukumacafe3P1030093

箱をあけるとこの箱で作る羽子板の作り方と、おしながきがかいていありますよ。

shirukumacafe3P1030089上からみるとこんな感じ。

shirukumacafe3P1030096中に入っているのは、4種類が2個ずつ。

①北海道小豆と栗の焦ししるこ ②鹿児島芋と栗のしるこ ③京抹茶しるこ ④仙台名物ずんだしるこがそれぞれ2つずつ入っています。

全部で2,380円 1つ約300円。1つずつのパッケージにものしのような絵がかいてあるので、マジックでメッセージを書いて渡すと気持ちが伝わります。

他にはないかわいさとインパクトですね。

しるくまカフェ3はご当地の味が魅力です

shirukumacafe3-01

しるくまカフェがでるのは3度目。その3になって、日本やご当地を意識した商品になりました。4つの都道府県からおしること相性がいい素材を厳選し。日本の味にこだわったご当地シリーズ

小袋をあけるとこんなかわいいくまちゃん+ふくろうが。その2にいたツキノワグマみたいな黒いくまはいなくなりました。あれ、かわいかったのにな~。

そのかわり?北海道のくまにはおなかにJAPANの文字が・・。日本を意識した商品をアピール?

shirukumacafe3-02

裏をむけると紋のもようになっています。仙台のずんだだけが、裏をむけると“福”の文字。フクロウは昔から、“苦労しない不苦労”ということで、しあわせをよぶ鳥といわれているので、ちょっとしたお祝い、受験ガンバレ!なんていうときにはフクロウを贈ると喜ばれそう。

しるくまカフェ3の食べ方

shirukumacafe3P1030099

パッケージの後ろにも作り方が書いてありますが、基本的にはお湯を注ぐだけ。

shirukumacafe3-03

後ろをつぶして、お湯をそそぐと中から具材がでてくるので、それをかきまぜて出来上がり。

しるくまカフェって箱やパッケージ、実物まではかわいいんだけど、お湯を注いだとたんなんだか悪いことしちゃった感があります。

しかしこれ、小学生の女子にもヒット♪中から桜あられなどかわいい具材も浮かんでくるので、“かわいい~”と喜ばれます。

かなりおいしくなったしるくまカフェ3

その3になって一番変わったことは味がおいしくなったこと。ちなみにどれが一番おいしかったかというと、私は

1位:北海道、2位:京都、3位:鹿児島、4位仙台です。

やっぱりこういうのって定番がおいしい。北海道の小豆と栗がいわゆるおしるこっぽくておいしかったです。

2位の京抹茶もきちんと抹茶の味がして、色もきれい。ピンクのくまから抹茶色がでてくるのもいい感じ。

shirukumacafe3P1030123

こどもたちも食べてみたけど、“ふぅ~おいしい~”とほっこりした様子。おしるこもおいしいけど、もなかがおいしい。金沢で有名な和菓子店につくってもらった最中らしいのですが、おしるこがしみると香ばしい香りがして、コレがおいしい。

あまくてあったかいのはチカラがでますね。甘くておいしいお菓子にはつきものの気になるカロリーですが、100kcal以下とカロリーを気にしている方にもうれしい。

そんな中、もう一歩、改良が必要とおもったのが、仙台名物ずんだしるこ。

shirukumacafe3P1030170

ずんだとは枝豆またはそら豆をすりつぶして作る緑色のペーストのことで、東北では、お餅にからませてずんだ餅にしたり、おはぎにしたりして食べられています。

仙台出身の私の祖母がよくずんだのおはぎをつくってくれたので、食べたことがあるのですが、こんなんじゃない?!と思いました。ずんだと思われる豆も堅いし、他のに比べておしるこの味も薄いかな。

それ以外、北海道、京都、鹿児島のは本当においしかった~。

箱でつくる羽根つきは・・・いらないかも

このしるくまカフェの箱、箱まで遊べるようになっています。箱にかかれた絵を切り抜くと羽根つきの羽子板と羽ができます。

shirukumacafe3P1030130

段ボールは分厚くて切りにくいけど、その3では切り取り線がついているので、比較的簡単に(・・といっても大変だけれども)切ることができます。

shirukumacafe3P1030133

羽子板が2枚と羽が1つできあがりました。さっそく、羽根つきをやってみるよ・・・・

shirukumacafe3P1030134

次女の目がテンになるほど、おもしろくなかったわ・・。まあ段ボールでつくっても飛ぶわけもなく、受けれるはずもなく・・・うふふ・・。でもまあこれもご愛嬌かな。

しるくまカフェ3はベルメゾンで購入できます。マンスリークラブという毎月送られるシステムのものですが、この商品は1回限りのお届けで買いやすい♪

>>続く楽しさベルメゾンマンスリークラブ
icon

【関連記事】

“日本”をイメージ♪ご当地懐中しるこ しるくまカフェその3がでました・・・ポチ袋ダウンロード情報などはこちら
icon

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする