OISIXの豚ミンチとスーパーのミンチでしゅうまい食べ比べ

おいしっくすで豚ミンチを購入してみました。

真空パック状態でクール便でのお届け。

パッケージと肉が接している部分は、肉が酸素に触れていないため、白っぽく変色しているとのことですが、鮮度がいい状態で加工・パックしているためで、脂身が特別に多いわけではないそう。

真空パックだからか、水がでているのがちょっと気になります。

電話できいてみたところ、肉類は鮮度を保つためいったんすべて冷凍しているそうです。その後、使い勝手によってすぐに食べれるクール便、しばらく保存したい人用の冷凍便があるそう。使い勝手によって注文してくださいといわれましたが、ということはすべて解凍品になっちゃうわけですね。

市販のお肉は、パック詰めにするときにドリップをふき取って並べているので、水はでていませんが、オイシックスのお肉はドリップをふきとらず、そのまま冷凍しているから、解凍したときにどうしてもこのように水がでてしまうそうですが、品質に問題はないので安心してお召し上がりくださいということでした。

なるほど・・・。

これでしゅうまいを作ってみますよ~。

わかりやすいようにおいしっくすの豚ミンチとスーパーのミンチをこね比べてみたよ。

上がおいしっくす、下がスーパーのミンチです。開封すぐはスーパーのお肉の方がきれいにみえます。同じ分量のミンチがなかったので、おいしっくすは200グラム、スーパーは250グラムとスーパーの方がちょっと多いです。グラムあたりの値段はスーパーの方がほぼ半額。

こねてみると、ニオイがまず違います。スーパーがやや肉くさい。そしてこねるとスーパーの方がだんだん手にまとわりつきます。

真ん中のボウルをよくみると、スーパーのお肉でこねたボウルが全体的に油がついて白い膜ができているのがわかります。こねてみるとよくわかります。

できあがりの分量が、不思議。オイシックスの方が50グラム少ないはずなのにふわっと仕上がって、スーパーの方はキュっと縮こまってしまいました。

それぞれをしゅうまいの皮で包んでみました。包みやすさは同じですね。

蒸しあがりました、オイシックスが左、スーパーが右。最初のお肉の色通り、おいしっくすがやや白っぽい、スーパーがやや赤味を帯びています。

写真ではわかりにくいですが、しゅうまいを一つ一つ話してみると、スーパーの方は皮がひらいてしまうものもありました。

食べ比べてみると、おいしっくすのほうはふんわりジューシーに、スーパーの方は、ところどころが固まっている感じに。ホロホロに崩れるというかまとまりがありませんでした。おいしっくすは肉くささも全然なくふんわりおいしい。

値段は200gで292円。私が買ってる生活クラブの豚ミンチと値段はほとんどかわりませんでした。おいしっくすの食材は高いっていわれますが、私はこれならまだだせる値段かなと思いました。

お肉の中で一番偽装が行われやすいのがミンチ。つぶして入れちゃえば何が入っているかわからないし、市販のものはほとんどが冷凍解凍肉なので、古い肉を食べてしまっている可能性も。せめてミンチだけでも安心といわれるお店で買うことをおすすめしますよ。

おいしっくすのミンチはジューシーでとってもおいしかったですよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有機栽培の小松菜はシャキシャキ

しゅうまいの下のひいたのが、篠崎さんの有機栽培小松菜。

牛糞などにミネラルの多い天然塩を混ぜて発酵させた、自家製の堆肥を使用し、土壌消毒には薬を使わず熱湯処理することで、殺菌や殺虫をしてつくられた小松菜。シャキシャキでおいしい♪蒸しただけですが、シュウマイと一緒にからしじょうゆにつけて、パクパク食べれました。

おいしっくすのとろなすは絶品

おいしっくすには“蜜(みつ)トマト”とか“ピーチかぶ”とか“かぼっコリー”とかふだん食べないようなちょっとかわった目玉野菜があります。

みつトマトはおいしかったけど、ピーチかぶもかぼっコリーもまずくはないけど、それほどおいしいというものではありませんでした。同じシリーズでおいしっくすがおす、とろなす。

これも同じかな~と正直期待してなかったのですが、食べてみたら絶品♪

トロなすは見た目が緑色の大きななす。このなすを2センチの厚さできって、田楽なすのように上をさいのめにキリコミをいれ、オリーブオイルで両面を焼いて食べました。

油との相性がバツグンで、かつおぶしと醤油をかけるだけでごちそうになりました。名前のとおりとろっととろけるような食感であま~いなすです。めっちゃくちゃおいしいんですが1個で326円。これはちょっと高いな~。なす1個で家族4人十分たべれたので、たまには食べてみたいと思います。

ふぞろいカットかぼちゃはお得

ふぞろいカットかぼちゃも合わせて購入しました。

おいしっくすでは、できるだけ野菜を利用しようと思っている私ですが、野菜は全般的に高いです。

そんな中で、“もったいない”というカテゴリにはいっているのが、

「形がばらばら」「正規品を作るとできてしまう、切り落としやはじっこ」「規定の型より少し小さい」ということから、これまで捨てられてしまったりして市場に出ることがなかったもったいない商品。

ふぞろいカットかぼちゃはその中に入っていたお買い得野菜。

このふぞろいカットかぼちゃは1カット221円。減農薬野菜としては安いと思います。みるとちょっと乾燥気味だけだけれど、料理してしまえばほくほくのおいしいかぼちゃの煮つけができました。

パパが、“いつものかぼちゃよりおいしい~こういうかぼちゃが好きなんだよ”と言っていたし、実際おいしかったです。

高いな~と思う人は、この“もったいないコーナー”をのぞいてみてくださいね。

おいしっくすまずはお試しセットから こちらから購入できます

>>Oisixおためしセット

【関連記事】
おいしっくすの牛乳でカッテージチーズをつくってみました
時短、簡単、おいしい、安全! “きっとおいしっくす”食べてみました
私流 安全な食べ物の選び方 厳しい目線でおいしっくすのお試しセットをチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする