スイスダイヤモンド よくありそうな質問に答えます

スイスダイヤモンドのフライパン
少量の油でもくっつかず、焦げにくい、初心者でも上手に料理ができるというフライパンです。

こんなことが気になる・・ということがありましたら、気軽にコメント欄に質問してくださいね。

よくありそうな質問に答えます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイヤモンドコーティングのフライパンって重くない?

フッ素加工のフライパンに比べたらたしかに重いです。でも、かなり私はチカラがない方ですが、片手でも普通に持ち上げられます。
ステーキなどは、熱い鉄板で焼いたほうがおいしいといいますが、いいフライパンだからこそ分厚くて重いんだと思って納得しています。

熱伝導がよいので、炒め物でも振って料理をする必要がありません。その点は楽ですね。

片手鍋のソテーパンが重いと感じられるかたは、本体のサイズが同じ、両手鍋のシチューポットを使うといいと思います。

コーティングはどのぐらい長持ちする?

一生ものといわれるステンレスに比べると、寿命はあります。

コーティングがはがれたら寿命なので、コーティングがはがれないよう、シリコン製のへらをつかう、急激にひやさない、強火にしない、少量の油をつかうをこころがけていたら、毎日使う料理家の先生も5年以上は使っています。

再コーティングしてもらえますか?

再コーティングはしていません

こびりつかないときいたけど、こびりつきます

使い方を間違えるとこびりつきます。
汚れはきれいに落としてください。シリコン製のへらをつかう、急激にひやさない、強火にしない、少量の油をつかうことでこびりつきを防ぎます。

それでもこびりつくというときには、コーティングが剥がれてきたから。

その場合は寿命です。丁寧に使って長くもたせることをこころがけましょう。

なぜ揚げ物をしても油はねしないの?

熱の通りがはやく油の温度が安定するので、はねにくいのです。
油は少量でokなので、エコ。

炒め物でも少量の油しか使わなくていいので、はねがすくなく初心者やこどもでも安心です。

なぜ少量の水で蒸し料理ができるの?

蓋を使うことで、中に蒸気が滞留し、熱が全体的にまわって蒸し器状態になります。

ケーキをつくるときも、蓋をするとあっというまに中に蒸気がまわって上手にケーキが焼け、オーブン機能にもなります。

なぜ料理がおいしくできるの?

熱の通りが均一で、熱伝導が早いため、中までしっかり火が通り、早く料理が作れます。

フタをすることで、オーブン機能にもなり、凍ったままの食材でもそのまま焼けて時短です。安いフライパンは火にあたるところだけが焼けて、中まで火が通りにくいので焦げやすくなります。

格安のダイヤモンドコーティングのフライパンもありますが違いは?

2000円前後で“ダイヤモンドコーティング”と謳うフライパンもありますが、実際には品質がバラバラ。

ネットで、“スイスダイヤモンド”と言って売っているものでも、ニセモノもたくさんあるので、公式サイトまたは、“スイスダイヤモンド公認販売サイト”で購入されることをおすすめします。

スイスダイヤモンド公式サイトで会員登録をした人は、初回購入時は10%オフになります(メールにクーポンコードを記載されているので、購入時に入力が必要)

購入はこちらから>>スイスダイヤモンド yahooショッピング店

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする