スイスダイヤモンドフライパンでやってはいけないこと

スイスダイヤモンドのフライパンは、ダイヤモンドコーティングされており、コーティングがはがれにくくなっていますが、使用方法を間違えると、はがれてしまうので、注意しましょう

スイスダイヤモンドフライパンでやってはいけないことを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金属ヘラなどはつかわない

先のとがった菜箸や金属へらなどを使うと表面に傷がつくことがあります。シリコン素材や木製のヘラをつかいましょう。

これ、家族にも言っておいたほうがいいです。我が家では主人もこどもも料理を手伝ってくれることがあるので、私の目離したすきに、金属へらをつかってたり、金だわしで洗っていたり・・・。トングなども金属製のをつかっているので、シリコン素材のものに交換しようと思っています。

そんな中とっても便利なのはこちら

買って良かった 鍋を傷つけない無印のシリコン調理スプーン 先がやわらかく、まるでゴムベラのようにフライパンをきずつけることなく、汁気のものをすくいあげることができます。炒めるヘラとしてもつかえる♪

空焚き・強火にはしない

もともと高い熱伝導率をもっているので、火力は弱火~中火で十分。

はじめは中火で、だんだん弱火へ。火をけしても保温率もいいので、フタをしたままおいておくとしばらく調理できるほどです。
コンロの炎が底面より大きくならないように火力の大きさには気を付けましょう

空焚きは、高温になり、コーティングがはがれる原因になります。

急激にひやさない

調理後のフライパンを急に水につけると、本体のアルミニウムが収縮し、コーティングをはがれる原因になります。

さめてからでも十分に汚れは落ちますので、しばらくさましてから、洗ってください。

また、ホットケーキを焼くときに、ぬれふきんでジューをさます行為も急冷になりますので、やらないようにしてください。

オーブン、電子レンジは使用不可

基本的にオーブン、電子レンジには使えません。一部オーブンは使える商品もあります。

食器洗浄機は使用不可

コーティング機能を低下させる原因になるので、手洗いで洗ってください。

揚げ物をするときの注意点

高温対応ですが、油の温度は200度まで。フタをして調理をすると油の温度が急上昇し、発火する恐れがあるので、やめてください。

もしコーティングがはがれてしまったら、寿命です。気を付けて!特に家族に伝えるのを忘れずに~!!

購入はこちらから>>スイスダイヤモンド yahooショッピング店

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする