フィスラー圧力鍋でいかと里芋の煮物があっという間にできた!

フィスラーの圧力鍋・・・やっぱり買ってよかったと毎日身にしみて思っています。

フィスラーの圧力鍋をセットで買いましたが、その中に入っていた、『フィスラーの圧力鍋でつくるプレミアムレシピ』がとってもいいです。

今日はその中にのっていたおかずを作ってみました。
私が買ったフィスラー圧力鍋のセット

お米もおかずも圧力鍋で・・と思うなら二つあった方が便利ですよ。

Fissler コンフォート4.5L スペシャルセット スキレット2.5L・専用ガラス蓋付き 612-301-11-093
by カエレバ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いかと里芋の煮物のレシピ

材料(4人分)

するめいか・・・2はい(正味400~500g)

里芋・・・正味(500g)

塩・・・大さじ3

煮汁 みりん・・・1/3カップ

しょうゆ・・大さじ2

水・・・1/3カップ

作り方

①いかをさばいて、水洗いをし、胴を2㎝幅にカットする。足は吸盤をこそげ、きりわけます。

里芋は皮をむいて、塩をまぶしてもんでぬめりをとり、さっと水洗いをしてペーパータオルでよくふきます。

②圧力鍋に煮汁の材料を合わせて、そそぎ、中火にかけて煮立て、いか、里芋をいれます。

③フタをして、高圧にセットして強火にかけます。圧力表示の緑が見えたらごく弱火にし、緑のラインを維持したまま、6分加圧。

④火をとめて急冷。

急冷というのを今までしたことがなくて、ちょっと怖かったけど簡単にできました。

フタの端に蛇口から水を細くかけて急冷します。シンクに圧力鍋を写すときにはゆすったり傾けたりしないこと。。水をかけるときにはメインバルブとフタ用取っ手になるべく水を描けないようにします。

水をかけると鍋の中に水が入ってしまいます。急冷をするとすぐにフタをあけることができます。

フタをあけ、煮汁を中火で5分煮詰めてできあがり。器にもりつけるときに、雑に大きなスプーンですくい上げると里芋がくずれてしまうものもありました。それほどやわらかくなっています。

圧力でつくるとおいしい

里芋はぬめりをとるために、下ゆでしていましたが、この方法だと、一気に煮ることができます。これ、食べてみたけど、今までつくっていたいかと里芋の煮物の味とは全然ちが~う!!

色がいまいちだな・・と思ったけど、本当においしくできました。里芋がくずれるでもなく、かむとほろっとやわらかくしかも中までしっかり味がしみていました。いかのだしがしっかりついておいしい~。

いかもとってもやわらかくなりました。たった6分で・・。

圧力鍋のフタをしめるときには、こんなに水分が少なくて大丈夫かな?

って思ったけど、あけてみたら 水分たっぷりでした。

蒸気をにがさずうまみをとじこめるとはまさにこのことなのねと思いました。

【関連記事】
圧力鍋の選び方
圧力鍋メーカー比較
フィスラー圧力鍋 プレミアムとコンフォートの違い
フィスラー圧力鍋コンフォート スキレットを購入レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする