土鍋としても使えて楽しい 長谷園のヘルシー蒸し鍋

土鍋がこわれて、土鍋としても使えて一石二鳥のヘルシー蒸し鍋を買いました。

ヘルシー鍋とはこんなものです。

土鍋の中にこのような陶製すのこがはいっていて、

あつあつの蒸し料理はもちろん、下に氷をいれて保冷器につかったり、スノコをはずして鍋料理にしたりとひとつあればいろいろ楽しめるお鍋なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長谷園の土鍋の楽しみ方

このヘルシー蒸し鍋は、『かまどさん』で有名な長谷園(ながたにえん)で作られています。

『いかに飯をうまく食い、いかに酒をうまく飲むか』という発想からつくられているこの『ヘルシー蒸し鍋』は土鍋にすのこをつけることで、『食卓で蒸しながら』アツアツをたべられる鍋なんです。

下に湯をはり、その湯気で蒸す蒸し料理。
蒸気がでてから、1~4分であっという間に料理を蒸すことができます

ちなみにこちらは↑『豚バラ肉とキャベツ蒸し』

豚バラは醤油大さじ3とごま油大さじ2、こしょう適量で和えておき、キャベツとブタバラ、ねぎを並べるだけ。

たったの4分であつあつのごちそうができあがります。

蒸し料理ということで、中華ちまきや肉まんも一緒に蒸しちゃいました。
こどもにも大好評でした。

肉まんはふかふかでおいしい♪

ヘルシー蒸し鍋のヘルシーは余分な油が下に落とし、食材のうまみ、栄養素は逃がさず余分な脂を落とすことからそういわれるのですが、この豚バラとキャベツからおちたうまみ
で雑炊にすることもできます。

すのこをはずすと普通の土鍋になります。

いいだしがでておいしい雑炊のできあがり。
ヘルシー 簡単 おいしい で楽しいヘルシー鍋やってみませんか?

通常、土鍋は強火は不向きなのですが、このヘルシー蒸し鍋の土鍋は高温にも耐えうる伊賀焼でできているので、強火も可能です。

ただし、沸騰したあとは弱火でも十分の蒸気がでます。
この強い蒸気で一気に蒸しあげます。

だからおいしい。見た目もエンターテイメント感もありお客さんのおもてなし料理にもつかえそうです。

一つ気を付けることは・・

蒸気の穴を料理でふさがないこと。

最初、すべての穴をふさいでしまったので、なかなか蒸気がまわらず時間がかかってしまいました。

慣れると簡単。

土鍋としても使えて、蒸し鍋としてもおもしろいヘルシー蒸し鍋ですが、ここが不満というなら、
・水をわかすのに時間がかかる
・箱が組み立て式で頑丈でないので毎回しまうには不便

というぐらいですね。
野菜がおいしく食べれるので、子どもにも好評でした。

料理のレシピ本もついていますが、公式サイトにも週に1回レシピが更新されるのでいろいろたのしめそうです。

我が家が購入したサイズは(3~5人用)
直径30センチですが、ふたの高さも鍋の深さもあり以前にもっていた 土鍋よりずっと容量が大きい感じがして4人家族で充分の大きさでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする