fissler(フィスラー)多層鍋 シャローパンの特長

先日購入したフィスラーのシャローパン。

揚げ物も少量の油ででもできるということで、初めてやってみました。


ステンレス鍋に魅力を感じて、フィスラーのシャローパンを買いました。
正確には、母にプレゼントしてもらったのだけれど・・・。

見てください!この美しさ!キッチンにあるだけで、おしゃれ、なんか料理できそうな感じのフィスラーの鍋に大満足です。
私がフィスラーの鍋・・というより、ステンレス鍋を知ったのは実は最近のことで、お友達からの情報です。
すごいんですね~ステンレス鍋って。

とにかく、いろいろありますが私がわかりやすくステンレス鍋の特長を教えたいと思います。

①鍋自体が無害
②長持ちする
③多層鍋は省エネ
④多層鍋は無水調理ができる
⑤時短調理ができる
⑥ごはんもたける
⑦揚げ物も少量の油でヘルシー
⑧いろんな使い方ができる

①鍋自体が無害
アルミ鍋やフッ素加工された鍋からは有毒な物質がでているそう。
ステンレスは安全です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

②長持ちする

ステンレス鍋は一生物。きちんとお手入れしていれば、結婚してから死ぬまで買い替えなくてもいいぐらい。
母から子へ引き継ぐこともできます。
長い目でみると安い!

③多層鍋は省エネ

このフィスラーの鍋は3層構造になっています。上から重いフタをしてまるで圧力鍋のように料理をはやくおいしく作ることができます。そのため強火は厳禁。

こんなトロ火で大丈夫かな?という火で大丈夫。

火をとめたあとも煮物や蒸しものはそのままフタをしておくと予熱でさらにおいしく仕上がります。
省エネで、ガス代や電気代が安くなったというクチコミもききます。

④多層鍋は無水調理ができる。

無水調理とは、水をほとんど使わずに野菜などの食材に火を通す調理法。刃物から根菜やいも類まで少量の水で調理するので、水に溶けやすい野菜の栄養分を逃がさずに色よく仕上がります。
野菜がおいしいとクチコミでも評判です。
ちなみにホウレン草だと大さじ3杯ぐらいの水で、トロ火で1分⇒予熱で2分で完了。
大量に水をわかす時間も水もいらないんです。

⑤時短調理ができる

③④で時間も節約できることはおわかりだと思います。
調理中、鍋本体とフタの間に水蒸気が水の膜となって付着し、軽い密封状態になります。中火でスタートし、縁から湯気がでるか、フタをしめたままふたのとってを持って回し、フタが軽くクルクル回せるようになったら、『ウォーターシール』ができた証拠。
この『ウォーターシール』がおいしく、早く、できる秘密です。

⑥ごはんもたける

密閉度が高いフタと熱周りにムラがなく、保温性にすぐれていることから、お米がふっくらと米一粒一粒がたちつやつやの炊きあがりに。
炊き込みご飯もおいしくできます。

⑦揚げ物も少量の油でヘルシー

熱周りにムラがなく、保温性に優れているので、揚げ物も鍋底から1㎝の油で揚げることができます。
油から素材がでていてもひっ切り返せば大丈夫。
ヘルシーです。

⑧いろんな使い方ができる

別売りのスチーマーまたはスチーマープレートを購入すれば、蒸し物もできるし、魚や肉もやくことができます。
卵やきや餃子もやけますよ。。

早速、バターチキンカレーを手羽先でつくってみました。
もちろんチキンはめちゃくちゃやわらかく、とろとろに。
骨から身がホロって落ちました。
とってもとってもおいしかったです。

現在楽天の最安値です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする