おひとりさま麺類に便利な小さいスキレット

LODGEのスキレット、6-1/2サイズは一人前の料理のお皿としても向いています。

スキレットで作ってそのままだせるので、洗い物も減って楽ちん。普通のフライパンでつくるより、スキレットでつくるからこそおいしくもなります。

スキレットでおひとりさまナポリタン

スキレットでナポリタンをつくるときには、パスタもスキレットでゆでます。

小さいスキレットの場合は、パスタも2つに折って。鉄製でサイズが小さいので、お湯が沸くのがはやくていつもより早くできます。

熱いスキレット、ゆであがりのパスタの水をきるのは、大変かとおもいきや、そのまま水を蒸発すればいいので、簡単。

水を飛ばした後のスキレットで具をいためます。熱伝導率がいいから、パスタの表示時間よりも早く仕上がり、しかもそのままだすと、蓄熱性が高いのでいつまでもあったかくて、焼きスパゲッティみたいにジュージューいわせながらおいしく食べれます。

ただ、3人、4人分となってくると小さいフライパンで一人ずつつくるのはめんどくさいの極みです。こどもがひとりだけ定期テストで帰ってきたとか、お夜食に・・というときなんかはとっても楽ですね。

スキレットでおひとりさまあんかけかた焼きそば

かた焼きそばを家でつくるのって結構難しいものですが、鉄製のスキレットなら本当に上手にカリっと上手につくれます。

大きいフライパンでつくるとひっくり返すのも技がいりますが、6-1/2インチだと直径16㎝ぐらいなので、フライパン返しにちょうどのるぐらいで、簡単にひっくり返すことができます。

スパゲッティのように具もスキレットでつくってもいいのですが、これば一緒にはつくれないので、いったんあげておくことになりますので、私は別のフライパンで作りました。

できたあんかけ焼きそばは、テーブルにもっていってもまだ焼けているようで、カリカリ。

1~2人分の料理をするときにはとっても便利ですよ~。

スキレットの購入はこちらから

【関連記事】
かわいいフライパン LODGEのスキレット買いました

お手入れすれば一生モノ スキレットのお手入れ方法

スキレットの2枚使いとスキレットカバーの使い方

オーブンや魚焼きグリルで使えるスキレット料理

おひとりさま麺類に便利な小さいスキレット

スキレットでお肉を焼く方法

スキレットを買ってよかったこと・悪かったこと

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク