買って良かった 鍋を傷つけない無印のシリコン調理スプーン

昨年、無印で無印のつなぎめのないお玉“ナイロン樹脂お玉を買いましたが、なかなか使い勝手がよかったので、今度は同じシリコーンツールのシリコン調理スプーンを買いました。

二つを並べてみるとこんな感じ。

お玉の方が長く、シリコーン調理スプーンは長さ26㎝です。

調理スプーンなのですが、シリコーン素材なので、スプーン自体がぐにゃっとまがります。といってもここまでで基本はスプーンなので、すくうのにぐにゃぐにゃになってすくえないなんてことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炒める、まぜる、とりわけるが一つでできる

この調理スプーンのいいところは、炒める、混ぜる、取り分けるが一つでできるところ。

たとえば、私はポテトサラダを作るときにはじゃがいもとたまねぎとにんじんを小さく切って固形スープで煮ます。スープがなくなるまで煮詰めるのに、途中かきまわしたり、炒めたり。

その後、ボウルにいれかえてマヨネーズであえ、器にもりつけますが、シリコーン素材だと鍋をきずつけないので、鍋のままさまして、ここでマヨネーズであえ、かきまぜて直で器へ。

鍋がきたなく傷だらけでごめんなさい。そう、こうなるんですよね。金属製のおたまを使うと・・・。

シリコーン調理スプーンを使うと鍋から具をさらえるときに、まるでシリコンのへらをつかっているようにきれいに鍋を傷つけることなくとりだすことができました。

食べるときにとりわけるサーバーとしてもそのまま使え、洗わず1つで使えるのは洗いものが減ってエコ。

なかなか便利でしたよ。

今までだったら、木べらでいためて、むりやり平らな面にポテトサラダをのせて移動させたりしてましたが、スプーンなので、カレーやマーボー豆腐などのどろっとしたものも炒めて盛りつけが一つでできます。

シンプルすっきり収納

もうひとつこれを買った理由としてはおたまと同じ素材で揃えたかったから。

同じ素材や色でそろえるとキッチンツールがごちゃつきませんし、このシリーズ見た目もシンプルで主張しません。キッチンはすっきり収納できてはじめて快適に料理ができると思っているので、収納は大事です。

無印のシリコーンツールで、他にもハケやスパチュラがあるので、全部そろえようか、スパチュラだけはルクルーゼにしようか迷っています。

それにしてもこの調理スプーン、見た目よりもなかなか使い勝手がよく重宝しますよ♪もっと早く買えばよかった。

購入はこちらから↓

シリコーン調理スプーン 長さ約26cm

【関連記事】
楽しくしまってスッキリ暮らす“無印良品”で覚える収納のコツ
無印のつなぎめのないお玉“ナイロン樹脂お玉”が使いやすい話
グッドデザイン賞の整理ボックスでキッチン収納がすっきり♪
無印の角型ハンガーは軽くてバランスがよく耐久性も◎
タイカレーグリーンの手作りキットで自分でつくるグリーンカレー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする