手があれない太田さん家の手づくり洗剤で換気扇・ガスコンロ掃除

太田さんの手作り洗剤で換気扇の掃除をしてみました。

換気扇掃除はいつもいろんな方法でやっています。

市販の研磨剤入りクレンザーを使うと、手がガサガサになり、重層を使うと重層を取り除くのに、一苦労。
最後に白っぽくなってしまうんですよね。

太田さんの手作り洗剤はそんな悩みを解決してくれる洗剤でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太田さんちの手づくり洗剤で換気扇掃除をしてみた

換気扇やコンロからパーツをはずし、普通にスポンジに洗剤をつけて洗ってみました。

はずせないところは水分をなるべくしぼってそのままこすってみましたよ。換気扇の網は市販のクレンザーで洗うとクレンザーが油とまざってドロドロになります。そしてそのドロドロが手について収集がつかなくなる・・・ドロドロの油がスポンジにつくのがいやなので、金だわしであらうと、塗装がはげてしまう。

だから、いつもはつまようじでちょっとずつ・・。時間がかかるわりに汚れがとれずイライラしていました。

私が換気扇掃除が嫌いなポイントはココ!

でも、

太田さんちの洗剤はさらっとしていて、油がついた網をあらってもスポンジにはなにもつかず、きれいに油を落とすことができました。

ギトギトのものは付けおき洗いに

換気扇のファンもはずして洗います。外し方は説明書に書いてあるのでよく読んでやったほうがいいです。うちの場合は上の窓をはずしてからとりはずします。

このファンは年に一度しか掃除しないので、結構油がべっとりとついていました。スポンジで泡立てた太田さんちの洗剤をいれた熱いお湯の中に2~3時間つけておきます。

その後、こすり洗いしたら、力入りますが、きれいに落ちました。細かいところは歯ブラシを使うとよく落ちますよ。

手に油がつかないことに感動!

はずせないところはお湯でしぼった布でふきあげる

つけおきしている間に、最初にスポンジでこすって浮き上がらせていた汚れをふきとります。

この布はできるだけ熱いお湯でしぼった布でふきあげます。

これもいつもはクレンザーでやっているのですが、きれいにふきあげることができません。でも太田さんちの洗剤はきれいにうきあがらせて、さっとふき上げることができました

はずしたパーツもこんなにきれいに。

かわかしてもべたっとするところはキッチンペーパーにエタノールをつけてふくと、油がとれます。

換気扇もコンロも油汚れがすっきり落ちました。

そして、いつもより簡単で掃除時間が短くすみました。

換気扇掃除まとめ

掃除が大好きなので、換気扇掃除は結構こまめにいろんな方法でやっている方です。そんないろんな方法の中でも太田さん家の手作り洗剤は優秀!

お風呂掃除、食器洗いと使ってみましたが、換気扇の掃除が一番メリットを感じることができました。

換気扇掃除って熱めのお湯を使うのでただでさえ手が荒れやすい。しかも油と洗剤がまざったものが手やスポンジについたら、それをとるのにまた一苦労。

太田さんちの手作り洗剤は油とまざってもどろっとならないので、掃除が簡単にでき、しかも手にやさしい。楽に掃除することができました。

結構お友達がうちにくると、台所きれいだね、換気扇どうやって洗っているの?と聞かれることが多いのですが、結局のところ手にやさしい洗剤でこまめにやるのが一番楽だと思います。

ちなみに、読んだことがあるかどうかわかりませんが、換気扇の説明書にはお掃除は3カ月に一度と書いてあります。

なので、この家にきてから私は3カ月に一度換気扇掃除をしています。そのぐらいのペースでやれば簡単に汚れは落ちると思います。裏技とかはないと思うんだけどな~。

太田さんちの手づくり洗剤はこちらで購入できます

太田さん家の手づくり洗剤 公式サイト

もうお手上げ~!っていう人は一度業者さんに頼んでみるのもいいかもしれないですね。
換気扇掃除は1台17,800円~
ハウスクリーニング無料見積もりはこちら

【関連記事】
太田さんちの手作り洗剤でお風呂の鏡の水あかがとれた♪

太田さん家の手づくり洗剤はアトピーの子が使っても痛くならない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする