使いやすい!気遣いのあるベルメゾンデイズのキッチン雑貨

日本人の手に合うサイズだったり、機能、素材、デザインのディティールまで徹底したこだわりでつくられた新しいブランド“ベルメゾンデイズ”のキッチン雑貨をみせてもらってもらいました。

自分で選んで納得したものを長く使う、日本人らしい暮らし。“使う人”の視点に立った道具は毎日をていねいに楽しく暮らす女性におすすめです。

燕三条で作るお皿がしゃんと立つ水切り

days-bell-kitchen001

お皿がしっかり立ちやすい構造になっているのが特長の水切り。サイドと底のワイヤーがしっかりとお皿を受け止めてくれます。

ステンレス製で、冷たい印象ですが、一つ一つのワイヤーが太くしっかりしていて、切断面を職人の手仕事で丸くならしてあるので、さわっても手触りがやさしい。

シンプルで手入れもしやすく、長くもつ水切りです。

かごの下に取り付けるシンクトレイがあると、トレイがゆるい傾斜がついており、水がシンクに流れやすくなっています。

フライパンホルダーやグラスホルダーなども別売で専用パーツを取り付ければ、より便利に♪

日本有数の金属製品の産地である新潟の燕市、三条市で作られた製品で、メイドインジャパンのよさを実感できる商品です。

入れ子にするとピタっと重なるボウル&ザル

days-bell-kitchen005

days-bell-kitchen006

ステンレス製でしっかりしたつくりのボウルとパンチングタイプのザルのセットが3種類。ひとめみて、美しい!と思いました。本格的なパティシエがつかっていそうなしっかりしたボウル。

重ねて使ったり、入り子状態で収納することができます。

days-bell-kitchen013

ボウルとザルをぴったり重ねても少しすきまがあるので、ザルも取り出しやすいし、

days-bell-kitchen004

入れ子にすると高さがフラットになってきれいに収納でき、それぞれのサイズにも指一本入るすきまがあるので1つ1つが取り出しやすい。

days-bell-kitchen014

ボウル、ザルそれぞれ持ち手がありもちやすいようになっています。

days-bell-kitchen007

ボウルには、目盛がついているので、ドレッシングなどをつくるときにも計量カップいらずです。

ザルの穴の大きさはそうめんが抜け落ちないサイズでしかも汚れは落としやすい構造になっているので、使いやすくなっています。

days-bell-kitchen010

ザルの下には足がついているので、シンクの中で水切りしても下にべたっとつかないので清潔ですよね。

料理って毎日のことなので、こういうちょっとした気遣いのある道具を使うことでストレスフリーで快適になるやさしい道具です。

動かないキッチンマット

days-bell-kitchen015

ストレスといえば、キッチンマット。上に乗るたび動いたり、掃除をかけるときにピラピラとめくれて結構やっかいなものですが、

days-bell-kitchen018

ベルメゾンデイズのキッチンマットには、後ろに滑り止めではなく、しっかりした吸盤がついているので、床にぴたっと張り付きます。
ちなみに、2つ上の写真は床にしいてあるのではなく、壁にぴたっと貼ってある状態なんですよ。

垂直にしても落ちない。しっかりぴたっと貼りつくキッチンマット。これも便利です。

購入はこちらから>>ベルメゾンデイズのキッチン雑貨【ベルメゾン】
icon
この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク