ツインシェフの簡単お手入れ方法

ツインシェフは、お手入れも簡単!

なんといっても炊飯器ですから。炊飯器って基本的に、内鍋と内ぶたを洗うぐらいのお手入れですよね?

本体、フタやパッキン、その他部品の外し方、洗い方、ツインシェフのお手入れ方法を紹介します。

公式サイトはこちらから→【ショップジャパン】ツインシェフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツインシェフの本体のお手入れ

家電は白がいい。家電って使っているだけで静電気でホコリを吸い寄せます。置いておくだけでホコリがつきやすいんですよね。

ツインシェフの本体の外側は、ほとんど汚れない上、色が白なので、ホコリがついても目立ちません。外側の汚れが気になる時には、固く絞ったふきんで拭く程度で充分です。

ツインシェフ 本体タッチパネルのお手入れ

本体正面にあるタッチパネルは、料理した手で触ることがあるので、汚れやすいですね。汚れがつくと反応が悪くなるので、濡れふきん等でお掃除しましょう。

本体に水をかけたり、水に浸したりは禁止です。

本体内側も炊飯器としてお米を炊く場合は、ほとんど汚れないのですが、おかずを作る時には、本体の内側がが結構汚れます。

ツインシェフ 本体のお手入れ

特にカレーやシチューなどを作ると、蒸気にも色がついて、フタの内側に色がついたりします。色素がついてしまった場合は、アルコール(ドラッグストアで売っているエタノール等)で拭くと取れました。

ちょっと困ったことは、カレーやシチューのとき。

ツインシェフ本体から直接お皿によそいます。鍋が小さめなので、おかずがポタポタ落ちる可能性もあり、鍋まわりが汚れてしまいます。

本体は、洗うことができないので、ふきん等で拭くことになります。

本体を汚したくない場合は、できあがったら、鍋ごと取り出してよそう方が、本体は汚れないですね。

ツインシェフ本体のお手入れ

内鍋を外すと、熱電源があります。ここを濡らしたり、汚したり、中にモノがはさまったりすると、危険だし、うまく調理できないことがあります。

普通の炊飯器でこんな構造になってることってまれですよね。ココに米でもはさまったら、お手入れ大変かも。気をつけたいと思います。

ツインシェフ内鍋のお手入れ方法

内鍋は取り外すと小さくて軽く、さっと洗えてお手入れ簡単

ツインシェフ内鍋のお手入れ方法

内側は、フッ素加工されているので、金だわしや研磨剤入り洗剤など傷つきやすいもので洗うのはNG。

やわらかいスポンジ中性洗剤で洗います。

ツインシェフ内ぶたのお手入れ方法

ツインシェフ内ぶたの外し方

ツインシェフの内ぶたは、取り外しボタンを上へ引き上げながら、

ツインシェフ内ぶたの外し方

ふたを内側へ倒すと引き抜けます。左右どちらもありますので、調理後は、外して洗いましょう。

ツインシェフ 内ぶたのパッキンが外れる画像

内ぶたには外側ぐるっと一周パッキンがついていますが、こちらは外れません。中の小さなパッキンは外れます。

でも、めったなことでは汚れないので、外す必要はないかな。

内ぶたを外すと、本体の内側が汚れていることがあります。そこは洗えませんので、ふきんで軽く拭いておきます。

内ぶたを外した本体の、蒸気がでる内側に蒸気弁がついています。

ツインシェフ蒸気弁の外し方

蒸気弁には右に回すと外れます。

ツインシェフ 蒸気弁パッキンを分解した状態

蒸気弁の中は、4つのパッキンがあり、分解して外すこともできますが、よっぽど汚れた時以外は、外さずそのまま洗うことをおすすめします。

パーツが細かく、再度つけるのが難しいです。

なべ、内ぶた、内ぶたについているパッキン、付属品のおたま計量カップ食洗機が使用できます

洗った内ぶたは、に差し込んだ後、カチッと音がするまで押し込んで取り付けます。

ツインシェフ お手入れ方法

おかずを作った後はにおいがつきやすいです。内鍋や内ぶたを洗った後は、すぐにフタを閉めず、フタを開けたまま保管したほうがにおいがこもりません

【関連記事】

ツインシェフとは?

ツインシェフの簡単お手入れ方法

ツインシェフの使い方

ツインシェフでつくってみた料理とレシピ

ツインシェフを使ってわかったメリット・デメリット・口コミ・評価・レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする