クリスマスを楽しむ 無印の自分でつくる雪だるまケーキ

クリスマスですね♪

今年は、こどもたちと一緒に無印良品で買った“自分でつくる雪だるまケーキ”をつくってみました。

yukidarumacake003

無印の自分でつくるシリーズは、結構難しい・・・けどこどもと作るととっても楽しい♪かわいいゆきだるまができましたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分でつくる雪だるまに入っているもの

yukidarumacake001

自分でつくる雪だるまケーキは無印のキットです。

中に入っているのは・・・

yukidarumacake002

ケーキ型、ペンチョコ、ホワイトチョコ、レンジケーキミックス、ドライフルーツミックスの4つです。

自分で用意する材料

卵1個、砂糖20g、サラダ油大さじ1、お湯(湯煎用)適量、牛乳70ml

使用する道具

電子レンジ、冷蔵庫、小皿、ボウル、はかり、計量スプーン、泡だて器、竹串、スプーン、フォーク、包丁、まな板、オーブン用シート、ラップ、お皿、はさみ


自分でつくる雪だるまの作り方

無印のお菓子のキットは意外に難しく、私何度か失敗したことがあります。

まず最初に、作り方が箱裏に書いてあるので、それをしっかり読んでからやった方がいいと思います。お菓子って途中で待てないってときがあるんですよね。

特にこのシリーズはチョコレートを使いますので、固まったら終わり。次の工程が頭に入ってないとあわあわしているうちにチョコレートが固まってしまいます。

①スポンジを焼く

最初に、スポンジを焼きます。焼くといっても電子レンジで3分加熱でいいので簡単です。

yukidarumacake1

ボウルにレンジケーキミックス、卵1個、牛乳大さじ2、サラダ油大さじ1、砂糖20gを入れて泡だて器でなめらかになるまで混ぜます。

型に流し込んだから600wで3分、または500wで3分半電子レンジで加熱。

粗熱がとれるまでさまします。

②生地の成形

yukidarumacake4

スポンジケーキができたら、5ミリ幅に刻みます。この辺がこどもにはちょっと難しいかな?

そして、それを頭パーツ部分と胴体パーツ部分に半分ずつボールにわけて、胴体の方にはドライフルーツミックスをいれます。どちらにも牛乳をいれて、固めやすくします。

yukidarumacake2

頭、胴体それぞれ6つずつにわけてラップでくるくるっと丸めます。

このあたり、こどもは得意!

できたら、冷蔵庫で少し冷やし固めます。すぐ固まります。

③仕上げコーティング

yukidarumacake3

いよいよ仕上げです。ホワイトチョコを湯煎にかけて、丸めた胴体、頭部分をそれぞれホワイトチョコでコーティングします。

コーティングしたら、頭と胴体部分をくっつけるのですが、なかなかこれがうまくのらない。私は爪楊枝で刺してとめることにしました。

つまようじはホワイトチョコが固まった後、抜いても大丈夫です。

雪だるまのからだが完成したら、チョコペンで顔をかいてできあがり~♪

自分でつくる雪だるまをこどもと作ってみた感想

yukidarumacake004

いやはやユニークな雪だるまのできあがり。

“何これ亡霊みたい~キャハハ~”と喜ぶこどもたち。たしかにチョコペンがだんだんかたまってきて、最後の顔は残念な感じになってしまいましたが、かなりおもしろかったみたいで、大喜びでした。

包丁で刻むところがちょっと難しいかな?というぐらいで、あとは小学生でも十分できます。

ただし、ホワイトチョコのコーティングはムラができて、箱の通りにはなりませんでしたが。

yukidarumacake005

所要時間は110分とかかれていますが、80分でできました。

小さい雪だるまのお菓子はかわいく、クリスマスのこどもと楽しむお菓子としてはとってもよかったです。

クリスマスが終わったらバレンタインですが、チョコも含まれるので、こんな手作りチョコでもいいですよね。

たのしいキットはこちらから購入できます⇒自分でつくる 雪だるまケーキ 6個分

【関連記事】
無地のキット 自分でつくる 生地からつくるヘクセンハウスをつくってみたよ

無印良品 自分でつくるガトーショコラをつくってみました

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする