“長く楽しむ” “身に着ける” 実用的なお花の敬老の日ギフト

お花を長くもたせたい、水やりの手間をかけさせたくない・・という人には、プリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーのギフトがおすすめです。

こちら日比谷花壇で売っているプリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「ミルト」というお花。まるで生花のような美しさなのに実は生花ではないお花。生花よりも長持ちし、水やりの手間がかからないため最近ではとても人気のお花のギフトになっています。

最近では、まだまだ現役で働いて忙しくしているおじいちゃん、おばあちゃんも多いので、こんなプレゼントが人気だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、生花を乾燥させて加工したお花です。

ドライフラワーはお花をそのまま乾燥させたものですが、プリザーブドは最初に花の樹液を抜き、特殊なオーガニック系の染料を吸わせて乾燥させたものです。

ドライフラワーより色あせしにくく、長持ちするお花です。プリザーブドフラワーは水やりをする必要がありません。

アーティシャルフラワーとは?

アーティシャルフラワーは生花を加工したものではありません。おもにポリエステル、ポリエチレン素材で作られたあくまでも造花。

水やりはもちろん必要ないですが、プリザーブドフラワーよりも耐久性があり、生花ではだせない芸術性がだせるのが魅力です。

どちらも枯れないお花ということで、長持ちし、長く楽しみたいと人におすすめです。

生花でないデメリットとは?

プリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーは長持ちするという魅力がありますが、本当にお花が好きな人は、これらの花が好きじゃないことも多いので人にプレゼントするには、気を付けたいところ。

私も実は、プリザーブドフラワーやアーティシャルフラワーって好きじゃありません。

というのも、やっぱり香りや色、お花からもらえる元気は生花にはかなわない。水をあげる楽しみもあるし、鉢植えだと育てる楽しみもあります。

生花だと好みではなくても、そのうち枯れて後にのこりませんが、こうした造花はいつまでもいつまでも残り、ホコリがかぶり捨てるタイミングを失うってことも。

そんな私でも、、これならいいな~とおもったのが、

アーティフィシャルブローチ「ロゼラフィネ」。アーティフィシャルフラワーでつくられたブローチです。

まるで生花のように美しく、使いたいときにつけて楽しめます。使わないときには箱にいれてしまっておけます。

裏にピンがついているので、簡単に服やかばんにとめることができます

こんな風に豪華なコサージュ風にも使えそう。

おばあちゃんにプレゼントして、“卒園式のときに貸して!”とか都合のいいこと言っちゃいそう。なかなか素敵なギフトですよね。

いつもお世話になっております・・・画像提供:ブログなネット生活

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする