飾って身に着けて楽しめるお花のギフト アーティフィシャルフラワー

生け花をリアルに再現し、生け花にはない美しさを表現した造花がアーティフィシャルフラワー。

アーティフィシャルフラワーは生花ではないので、水やりや水の入れ替えをする必要がなく、忙しいお母さんもたすかります。

そして、お花としてというよりも、絵やブローチなど雑貨やアクセサリーとして楽しめるので、お花入らないわという母さんにも喜ばれると思いますよ。

haha2014008

お花の絵みたいですが、日比谷花壇で販売中のアーティフィカルフラワー。

ニュアンスのあるピンクの花びらを繊細に重ねるバラ。みずみずしいライトグリーンのクリスマスローズ。壁に掛けた花園からはやさしいバラの香りがほんのりと漂います。

私の母は、押し花でこういう額をつくってくれるんですが、押し花だともって1年なんですね。

長く楽しめるのはうれしいです。
haha2014040

こんなかわいいくまのぬいぐるみがはいった、アーティフィカルフラワーもあります。

ディスニーストアで人気の、「ユニベアシティ」。

ミッキーやミニーがつくったくまのぬいぐるみのモカとプリンという名のユニベアシティは、うちの子たちも大好きなキャラクターで、この写真をみせたら、“かわいい~、ほしい~”と絶賛していました。

ディズニーシーでしか売ってない、ダッフィーではありませんよ(笑)。

もしかしたら、お母さんはまだ知らないかもしれないけど、知らなくてもかわいいですよね。

お花は母の日カラーの赤とピンクを中心にまとめられています。モカやプリンのヌイグルミは取り外し可能です。

アーティカルフラワーは生花やプリザーブドフラワーではないので、長く楽しめます。

mz90

日比谷花壇×「モンファボリ」コラボの母の日のためにデザインした上品なブローチがこちら。

ふんわりとした花びらを重ねる華やかなサーモンピンクの花に天然石のローズクォーツ。

ふんわり、やさしい色合いのバラやアジサイが上品なアーティフィシャルフラワーのブローチは高級感があり、とっても素敵♪

長く楽しめて、しかも身に着けられるお花のギフトならこちらです。

アーティフィシャルフラワーは他にもいろいろあります。

2015年バージョンはこちらアーティフィシャルフラワー2015【日比谷花壇】
icon

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク