母の日に・・リス柄、キティコラボなどかわいいフェイラーのハンカチ

誰もが一度はみたことがあるドイツの名門ブランドFEILER(フェイラー)。

私も持っています。

左のバッグは、就職が決まった時に叔父さんからもらいました。フェイラーといえば、年配の方に好まれる上品なブランドというイメージ。

ちょっと大人の仲間入りをしたみたいでうれしかったです。

右のポーチは、内祝いでいただいたポーチ。内祝いってタオルとかスイーツとかが定番かと思っていたのですが、こういうのもおしゃれでいいな~と思ったものでした。

どちらも20代でもらったものですが、フェイラーは何年たっても発色が美しくきれい!右のポーチなんか、デジカメをいれて毎日持ち歩いていますが、全くくたびれることもなく丈夫で長持ちです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドイツのブランド フェイラーとは

フェイラーとはドイツのババリア地方の伝統工芸織物からシュニール織の技術を完成させたドイツの名門ブランド。ドイツに行ったときには、たくさん見かけました。最大の特長は厳選された原綿を熟練した職人が何十もの工程をへて織り上げることで

・厚みのあるソフトな質感

・たぐいまれな吸水性

・使えば使うほど肌になじむ素材

・丈夫で長持ち

・美しい発色・デザイン

をうみだしていることです。

フェイラーの商品は綿100%。天候によって左右されるので、世界中からその年もっともよい綿をとりよせてつくっているこだわりがあります。

かわいいデザインのもある

フェイラーはデパートでも販売されていますが、私の母世代~祖父母世代に絶大なる人気。

上品でおしゃれ、日常使いのものをワンランク上のもので・・と考える人たちにぴったりな商品です。我が家はもらってばっかりですが、次女のお誕生日に祖父がくれたのがこれ。

フェイラーとは思えないかわいらしさでしょう?フェイラーといえば、黒地にお花だと思っていましたが、今はキティちゃん、マイメロとコラボしたものやこんなかわいらしいリスの模様のものまであり、いろいろです。

リスの模様のものはLOVERARYというシリーズのものです。

こどものハンカチってこども服の小さなポケットにしまいにくいから・・と今はミニミニハンカチというものが人気です。あちこちで売っていますが、ミニミニハンカチのペロンペロンたるやひどいもの。安いし、こどものものだし・・と思うけど、あの薄さ、一度洗ったらふちが波打っちゃう素材では、手をふいてもすぐにびしょびしょになってしまいますが、このハンカチはちがいます。

縦横が約13㎝ときわめて小さいので、たためばこどものポケットに入ります。しかも織物で丁寧につくられているので、分厚く、吸水性が高い、もう2~3年以上つかっていますが、色焦ることもなく、使えば使うほどに手になじむやわらかさ・・で次女のお気に入りになっています。

“このハンカチが一番好きやねん!”と1年生の頃から言っていたと思います。そんなこどもでもよさがわかるフェイラーすごいです。

フェイラーを母の日に贈ろう

フェイラーには、ハンカチ、タオル、エプロン、バッグ、ポーチ、メガネケース、財布など日用品がたくさんあります。

日常をワンランクアップさせるような上品な商品は母の日にぴったり。

私も還暦祝いで母にバッグをプレゼントしましたが、大変喜ばれましたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする