“育てる楽しみ”もプレゼント 父の日に育てる植木を贈ろう!

父の日は、毎年6月の第3日曜日です。

2015年の父の日は2015年6月21日(日)。

父母セットを贈った人は、忘れることはないかと思いますが、父の日は世間的にも忘れがちということですので、早めに注文しましょう。

このブログで、母の日一番人気があったのは、アジサイでした。なるほど、あじさいは種類が豊富で、値段もお手頃でよかったですよね。

でも、5月をすぎると急激に在庫がなくなってきて慌てたものです。

父の日に人気なのは“育てる”植木

お父さんに育てる楽しみも一緒に贈れます。

イイハナさんで一番人気はこちらのブルーベリーの木。

icon
icon

父の日 鉢植え「実付きブルーベリー~収穫が待ちどおしい~」
icon

おうちで収穫できる、目に良いと言われているブルーベリーの鉢植え。

仕事で毎日忙しいへ。

少しずつ実が熟す様子を間近で見ることができるので、家でのお父さんの楽しみが増えていきます。

いつまでも元気なお父さんでいて欲しいという気持ちが伝わる、とっておきの思いやりギフトです。

ブルーベリーは我が家にもありますが、ふつうは一対で2本合わせて育てると実がつきやすいといわれていますが、こちらは、一本で結実しやすい品種のため、うまく育てれば、毎年収穫を楽しめます。

ガーデニングに興味があるお父さんにも大変オススメです。

ブルーベリーはたくさん収穫できたら、冷凍して、ヨーグルトにまぜて食べるとおいしいですよ。目にいい果物です。

私がおすすめなのは、レモンの木

icon
icon

父の日 鉢植え「レモン」
icon

我が家もこちらのイイハナさんのレモンの木を2年ほど前に購入し、育てています。

レモンの木を近くの植木市で買ったんだけど、一度も花も実もつけず、そのままですが、イイハナさんのこのレモンの木は毎年花をさかせ、しっかり実をつけてくれます。

市販のレモンは国産のものでも、農薬や防カビ剤が使われていることが多いですが、自分で育てたレモンなら皮まで安心してたべられるので、レモンの皮をすってメロンパンにいれてみたり、レモンティとして紅茶にうかべてみたり。

とれたてのレモンは香りが違います。

お父さんなら、晩酌のレモンハイに♪

ちっちゃなちっちゃなレモンが大きくなっていくのを毎日見るのは楽しいですよ~父の日にはレモンの木がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク