クロックス水色とピンク スカートにもパンツにも合うサンダル

クロックスの2015春・夏モデルのかわいいサンダルを買いました~。

crocspink008

今季の特徴は、“白のデニムパンツに似合う”が特徴。パンツにもスカートにもあっていろいろ使いまわしできそうです。

色がパステルカラーでかわいいですよね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラーブロックは2素材が組み合わさって歩きやすい

crocspink021

“カラーブロック”というこのサンダルは色分けされているところで、素材もわかれているのが特徴。

写真でいえば、水色のところはさわるとツルツル、光沢がありほどよい弾力があります。
crocspink025

そして、ピンクのところは半透明でややざらって少し固めの素材。よく曲げる部分は柔らかく、しっかり支えるところは固くなっているので、歩きやすくなっています。

crocspink024

なんとなく、ヒールにみえますが、横からみると歩きやすいカーブがあるものの高さはほとんどありません。

ただし、熱いアスファルトの熱は伝わらない靴底があり、しかもクッション性にすぐれているので、いっぱい歩いても疲れません。

色は6展開あり、どうしてもこの水色とピンクがほしかったのですが、関西にある直営店に行って3店舗目でやっとみつけました。お店では、そもそも最初から扱ってないカラーというものがあり、品揃えは店によって違うそうなのですが、ゴールデンウィークということで、取り扱いがあるお店でも、在庫切れを起こし気味なぐらい人気とのことです。

3店舗も回ったら送料払った方が安いわ・・とおもったら、シューズ一足から 5/11 7:59amまで   送料無料でガックリ。

お店で探すより、オンラインショップの方が在庫あると思いますよ~。

夏向け裸足で履けるローファーサンダル

この秋冬に購入した、ローファー型のクロックス→【クロックス カラーライト】軽くて柔らかくて歩きやすい クロックスのローファーが思いのほか歩きやすかったので、夏向きのローファーないかな?と思ってみつけたのがこちら。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー

crocspink016

楽しくて新しいボートシュー。

上の部分は、キャンバス生地でできていて、靴底、中敷き部分はクロスライト素材でできているので、ローファーみたいだけど素足で履けるのが魅力。

この形で、全部がクロスライト素材のデッキシューズ

icon
icon

beach line boat shoe ビーチラインボートシュー
icon

と見比べ、履き比べしてみましたが、全部がクロスライト素材だとこの形にすると側面が固いな~というのと、見た目がつやっとしてカジュアルすぎるな・という印象でした。

crocspink011

ビーチライン ハイブリッド ボート シューは、はきぐちのところがぷっくりと厚みがあり、擦れにくくなっています。また、ぱっと見みえるところは、キャンバス地で、カジュアルすぎず、夏らしい。

crocspink010

デッキシューズと同じく横からみるとこんな風に穴がはいているので、通気性はいいです。

コーディネイト別

スカートであわせてみました

crocspink1

デニムパンツであわせてみました

crocspink2

今年流行るという白パンツであわせてみました

crocspink3

いずれにしても夏服に似合う~。

サイズ選びが難しいクロックス、

私は普段22.5~23㎝の靴をはいていますが、クロックスならw6をはいています。冬にはいていたクロックスカラーライトのローファーもw6ですが、今回もどちらもw6です。

カラーブロックは、前があいているオープントウで一つ小さいw5でもはいりましたが、指先がはみ出している感じだったので、w6にしてみました。

私は幅は細めだと思うのですが、ちょっと外反母趾になりかけというか、親指の付け根のあたりが出っ張っているのですが、水色の素材が伸びるため、ちょうどいいです。

また、黄色のビーチライン ハイブリッド ボート シューは、カラーブロックに比べるとやや幅広めですが脱げるってことはありません。

いずれもいつものクロックスのサイズでいいのでは?と思います。

購入はこちらから

クロックス オンラインショップ

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする