ビジネスシーンにも使える メンズクロックス ラップカラーライトローファーメン

クロックスらしからぬ かっこいいメンズローファー “ラップカラーライトローファーメン”をみせてもらう機会がありました。

crocs-loafermen2

私も最近、クロックスライト素材でつくられたローファーを買ってみたのですが、

詳しくはこちら>>【クロックス カラーライト】軽くて柔らかくて歩きやすい クロックスのローファー

とにかく歩きやすい、疲れない、ガンガン歩ける、足がいたくない、カジュアルすぎずどんなスタイルにも合うということで、ほぼ毎日のようにはきまくっています。

それの男性バージョン。今まで、クロックスはあまり好きじゃない・・といっていた人でもこれならきっと気に入るはず!!

クリスマスにだんなさまにプレゼントしてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レザーのようなマットな質感でビジネスシーンにも♪

crocs-loafermen4

このデザイン。まるでクロックスじゃないみたいですよね。クロックスの社員さんでも男性社員さんは、いくらクロックスの営業だからといって、クロックスをはいていくとあまりにカジュアルすぎる・・といって、履いていかない人も多いのだとか。

でもこれなら、おしゃれで、ビジネスシーンにも使えると、これまで履いてなかった社員さんも履いているらしい。

たしかに夫にはこんなくつ履いてほしいっていうぐらいおしゃれ。

“wrap(ラップ)”の名の通り足を包み込むデザイン

crocs-loafermen3

ラップという名の通り、一枚の布で足を包み込むようなイメージでデザインされたモデル。

これ、女性用と同じなのですが、履けばはくほどになじんできて、足にぴったりそうような感じなんですよ。私は足の親指の付け根が、外反母趾とまではいかないまでも、骨のでっぱりがあるんですね。

硬い皮のローファー靴だったらあたって痛くなったりしますが、側面が足のかたちにそってなじんでくるので、でっぱっていたらそれなりにでっぱったかたちになります。

そんなにはめだちませんが、私は足の形が左右違うな~と思うのですが、このカラーライトのローファーをはくと、左右の違いが靴をはいてもわかります。

靴をはいても足のかたちがわかるほど足に沿う、そんなしなやかでやわらかい素材なんです。
crocs-loafermen6

靴の中は、 肌触りのいいマイクロファイバーを使っているのではだしではいてもきもちいい。

底がクロスライトだからこそ歩きやすい

crocs-loafermen5

皮がやわらかい靴って底もやわらかく薄い靴があるんですが、カラーライトローファーメンは、底がこのとおり分厚く、底の素材は、これまでのクロックスの素材“クロックスライト”がつかわれています。

なので、みためはローファーだけど、サンダルのクロックスと同じように歩きやすい。ぶあつい分だけクッション性も高く、私はクロックスのサンダルより歩きやすいと思います。

よごれてもウェットティッシュでお手入れカンタン

crocs-loafermen8

革靴だと傷がつきやすく、汚れても洗えないですが、カラーライトならこの防水!はじきます。

crocs-loafermen10

クロックスの社員さん:“しかもね~これ、こうやって・・・(ゴシゴシ)”

私:いやそれ、荒いですね・・・・

crocs-loafermen11

クロックスの社員さん:“ね~手でふいただけで水のあともつかないんですよ”

とみえてくれました。これならちょっとした雨でも気兼ねなくはけそうですね。

これ絶対いいですよ~

購入はこちらからicon

クロックス オンラインショップ

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする