雪の日も安心、軽くて歩きやすい クロックスカラーライトの紫ブーツ

クロックスの新素材、“クロックスカラーライト”のブーツをみせていただく機会がありました。

crocs-boots1

色がきれいで、軽くてやわらかく歩きやすい、私も先日買ったばかりのクロックスカラーライト。紫がかわいいな~と思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラーライトとは?

クロックスのカラーライトは、今までクロックスの定番素材であったクロスライトとはちがう革新的な新素材。

樹脂を型で固めてつくる“クロスライト”に対して、“カラーライト”は折り紙のように柔らかく、一枚布を裁断するように加工できるので、これまでにはないローファーやクロックスらしからぬデザインの靴が作れるようになりました。

これまでのクロックスの定番である、防水性、軽さはそのままに、いや軽さはもっと軽くなり、さらにこんな特徴があります。

革靴ような質感

屈曲性・柔軟性

これまでにない発色

加工の多様性

crocs-boots12

見た目は普通のブーツのようなのに、水をたらしてみたら、このとおり!ブーツだけど、このぐらい水を弾いてくれたらまるでレインブーツ。

中がモコモコであったかいので、レインブーツよりもあったかく、雪の日には最適。カラーライトならではの紫色がとってもきれいです。

先日、カラーライトのローファーを履いて、京都を散策していたら、地面がぬかるみでドロだらけになって帰ってきました。

そんなときも、ちょっと濡らしたティッシュでふくとすぐにきれいに。革靴だと洗えないけど、カラーライトなら汚れてもさっと落ちますよ。

本当、一日中歩き回っても全然つかれないんです。やわらか合皮の靴は歩きやすいですが、底が薄く長時間歩くとつかれますが、カラーライトの靴は側面はカラーライトですが、底は従来のクロスライト素材でしっかりしていて、クッション性があるので、丸一日紅葉散策してもまったく大丈夫でした♪

ブーツのサイズ選び

crocs-boots2

クロックスカラーライトブーツの紫は、中のモコモコも紫。汚れが目立ちません。アクリル毛布のような肌あたりがやさしいモコなので、履くだけで気持ちいい。

モコモコがついているものは、だんだんへたってくるので、サイズが大きくなるから最初きつめでもいいと店員さんにアドバイスを受けました。

crocs-boots5

口コミを参照すると足首まわりがせまく、甲が低いので甲高で足が太めのかたはいつものクロックスよりワンサイズ上を選ぶとよいとのことでしたが、わたしはやや甲高で足首は細めですが、いつものクロックスサイズでちょうどでした。

crocs-boots4

スキニーならインもできましたよ。

サイズは22~27センチまで 大きいサイズまでそろっています。

いろんなスタイルに似合うブーツ

crocs-boots7

とにかくこの紫がかわいいと思いました。こんなスタイルにぴったり。

crocs-boots10

クロックスの社員さんに着用していただきました。短めパンツにタイツと合わせてもすっきりですね。

印象は全然違うけど、紫ってカラフルな色ともシックな色ともあうんですね~。

購入はこちらから>>クロックスカラーライトブーツ

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする