【クロックス カラーライト】軽くて柔らかくて歩きやすい クロックスのローファー

クロックスの革新的な新素材“クロックスカラーライト”でできた“ラップ カラーライト ローファー”を購入しました。

crocs-colorlight3

クロックスらしからぬ見た目ですが、履いたらやっぱりクロックス。軽い!歩きやすい!たくさん歩いても疲れにくい靴が欲しい人!これは絶対におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラーライトとは?

crocs-colorlight22

カラーライトとはクロックスの新素材。より軽く、柔らかく、カラフルが可能になりました。

いままでにないクロックスの色が可能になり、こんなベージュも♪

crocs-colorlight14

クロックスだとやっぱりサンダルまたは運動靴っていうイメージでしたが、ローファーができたことが革新的じゃないでしょうか?

ローファーといえば革靴で重い、固いイメージがありますが、履いてびっくり。軽くてやわらかいローファーはおでかけスタイルでもガンガン歩きたいときとっても役に立ちます。

包まれるような履き心地 “ラップ”とは?

crocs-colorlight18

この靴、“ラップ カラーライト ローファー”っていう名前ですが、ラップ=包むっていう意味です。

一枚の布で包むようにしてつくられたこの靴は、つなぎ目、縫目が少なめで、普通の靴ならあるはずの底面と側面の境目すらないんです。

crocs-colorlight25

中をのぞいてみると、側面が直角ではなく一枚の布でカーブを描くようになっています。なので、そこに足をいれたらまるでくつしたのように足にフィットします。

履けば履くほどに足になじんできますよ。

底がほどよく硬くて歩きやすい

crocs-colorlight13

柔らかくて皮が薄い靴をこれまでにも買ったことがあるのですが、困ったのは底でした。その靴は底も薄くて柔らかかったので、暑い日などアスファルトの熱が伝わってきたり、底が薄すぎて足が痛くなることがありました。

でも“ラップ カラーライト ローファー”は底がほどよく硬く、素材は普通のクロックスと同じ、クロスライト素材です。

crocs-colorlight11

前の方は曲がりやすく、でもしっかりしているので歩きやすい。ほどよく厚みもありクッション性も高いので長時間あるいても、砂利道を歩いても全然つかれませんでした。

折り紙のように柔らかい

カラーライトの柔らかさは半端ない。ローファーなのにこの柔らかさ。こちらは動画で確認してください。くにゃくにゃです。

動画再生時間 1分29秒

ラップ カラーライト ローファーのサイズ選び

crocs-colorlight29

普通の靴は23センチ、パンプスなどは22.5㎝を履いている私ですがW6でぴったりです。

ラップカラーライトローファーはクチコミをみると、ややゆとりあるつくりだと書いてありますが、たしかに履いてみると普段w6を履いている私が同じサイズのw6(22センチ)を選ぶと幅にゆとりがありました。

でも、ローファーのかたちなら、ぬげるってこともなく、これでぴったり。

私は足幅はせまめなのですが、外反母趾になりかけのような、親指の付け根の骨がちょっとでっぱっていて、厚みがあるので、靴をはくとそこだけがあたって痛いってことがあるのですが、柔らか素材で、足にそうようにできているので、まったく痛いってことがありません。

よくまがり、やわらかい、そして軽い、なのにみためローファーで、スカートにもパンツにも合わせられる。少々の雨なら防水もあり心配なし。

1足もってるととっても便利だと思います。

色は、black/black(黒)、mahogany/mahogany(こげ茶)、hazulnut/tumbleweed(ベージュ)、navy/tumbleweed(ネイビー)、pepper/tumbleweed(赤)の5色展開です。

私は、秋冬は茶系が多いので、こげ茶かベージュかで迷いましたが、ベージュだとオールシーズンいけるかな・・と思ってこれに決めました。

カラーライトならではの落ち着いた色展開もよかったです。

購入はこちらからicon

クロックス オンラインショップ

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする