クイジナートのフープロ×籐製発酵カゴで雑穀カンパーニュづくり

ついに買いました!

murano6

前々から欲しかった籐(天然ラタン)100%でできた発酵カゴ。こんなかごなのに3000~4000円ほどして、手がでなかったのですが、murano(ムラノ)の籐製発酵カゴが1000円代で購入できたので買ってみました。

口コミでも、ホームメイド協会のものと大差ないとかかれており、まだ一度使っただけなので、よくわかりませんが、みたところ問題なさそうでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

籐製発酵カゴをつかるとおしゃれなパンが焼ける

このカゴで発酵させると・・・・・

murano10

あこがれのこんなパンが自宅で作れてしまうのです。

籐製発酵カゴの使い方

どうやって使うの?って人のために動画で紹介しますね。

フランスパンカンパーニュ作りの必須アイテム 籐製発酵カゴ 再生時間56秒

クイジナートのフードプロセッサーで作る 雑穀パンの生地の作り方・捏ね方 再生時間2分14秒

クイジナートのフードプロセッサーDLC-10PROを使った基本のパン生地のこね方では、バターを作ったパン生地の捏ね方を紹介しましたが、中に何か入れたいとき、バターではなく油をいれたいときはこの方法でうまくいきます。

ポイントは、ドライイーストを最初に分量内の水でしとらせておくこと。

油はバターと同じタイミングで後からいれますが、上から水のように流し入れるとパン生地を弾いて中にはいっていきませんので、自分でもみもみして入れます。

雑穀はもうすぐ捏ね完了という手前で広げてくるくる巻いていれます。

発酵カゴを使った雑穀カンパーニュの作り方 再生時間 2分2秒

発酵時間とか温度とかは具体的にかいていませんが、300gの生地で一次発酵30分、2次発酵50分ぐらいでした。

最終の焼きは180度20分で15分放置、余熱で焼きました。

季節、温度、湿度によっても違うかと思いますが、フィンガーテストと量が2倍になっているかどうかでだいたいの判断でいけましたよ(←超適当)。

私が買ったのはこちらの発酵カゴ

プードプロセッサーはこれ

>>フープロ記事一覧

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みゆめり より:

    お返事ありがとうございます。150gお試しいただいたんですね。
    お手数おかけしました_o_

    100gもできるかもとのこと、その量だと犬用のパンも作りやすいので
    俄然購入意欲がわいてきました。(ぜひ試してみたいです)
    これからも、こちらを参考にさせていただきます。

    ありがとうございました&よろしくお願いいたします。

    • ニャー より:

      みゆめりさん
      犬用のパンを作るんですか~!!すごいそれはみてみたいです。
      150gは余裕でした。100gでもやってみたかったのですが、逆に我が家では100gだと全くたりないので・・。涼しくなったら100gもやってみたいと思います。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. みゆめり より:

    クイジナートでパンを作りたくて、検索してこちらに伺いました。とてもおいしそうなパンを作ってらっしゃって、ますます購入意欲が!!
    もしお分かりになるようでしたら教えていただきたいのですが、
    我が家は夫婦2人のため、いっぺんに作るパンの量が少ないのです。
    ですので、お持ちのサイズのクイジナートで最少どのくらいの小麦粉量で捏ねられるか
    お分かりでしたらお教えください。理想は100g~150gなのですが
    一つ小さいサイズだと、いざ1斤食パンが焼きたいときは2度まわさなければならず
    万能感が薄れてしまって・・・
    あまり少量はお作りにならないかも知れませんが、ご存知でしたらお教えください。
    よろしくお願いいたします。

    • ニャー より:

      みゆめりさん
      コメントありがとうございます。
      150gでさっそくやってみました。
      問題なく捏ねられました。はねは下についているので、少量でも、100gでもいけるかもしれないですよ。
      少量より大量の方が難しいかもしれません。
      ちなみに1.9リットルのフープロでは最大300gまでと書いてありますが、400gまではやったことがあり、いけました。
      また、わからないことがあれば、質問してくださいね。