おすすめ!トヨ型でつくるラウンドパンレシピ

週に2~3回パンを焼いています。その中で、こどもたちに好評なのが、トヨ型で焼いたパン。

トヨ型とはこれです!!

【型】アルスター 合わせトヨ型 小_

【型】アルスター 合わせトヨ型 小_
価格:2,520円(税込、送料別)

トヨ型のパンをパンやさんで初めてみつけて食べた時、感動しました。家でも簡単に作れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨ型ラウンドパンの作り方

生地はHB(ホームベーカリー)におまかせ。私の使っているMKのふっくらパン屋さんの場合ですが、7の生地コースで作ります。

“こね”だけでもできるのですが、その場合、時間を指定しないといけないので、見極めが難しい。生地コースでこねるのやめたとき、(発酵にきりかわったとき)に生地をとりだして

チョコマーブルにするために表面にココアを水でといたものを塗り、2~3度こねてホームベーカリーに戻して1次発酵。

一次発酵がおわったら、いちごの粒ジャムを入れます。粒ジャムは粉の20~25%の量を入れます。

強力粉が300gなら粒ジャム60gほど。

幅をトヨ型に合わせてくるくるっとまき、閉じ目をとじます。

トヨ型には、あらかじめショートニングや油スプレーを塗っておきます。私は、なたね油をキッチンペーパーで塗っています。

これをしないと型にくっついてはずせません。

トヨ型にいれて2次発酵をします。時間はこのぐらいまで生地がふくらむまで。この見極めがとっても難しいのですが、発酵がたりないとききちんとした円柱の形にならないし、過発酵になると生地が型からはみだします。

二次発酵ができたら、この金具でしっかりしめてやきます。途中上下裏返してじっくり焼きます。

時間は私のレシピでは210度で20分、裏返して200度で15分。

ラウンドパンが焼けました。1斤のレシピでこれ1本が焼けますが、食パンの型を買うならこっちを買うことをおすすめします。

見た目もかわいいし、おいしそうにみえるんですね。

実際に皮がパリパリでおいしいし。

カットするとテンションがあがります!マーブルできれいに焼きあがりました。中に入れるものは基本的には何でもいいけど、あんまり重いものだったら、(とろけるチーズとか)重くて穴があいてしまいます。

私はシナモン×メイプル粒ジャム で焼くことが多いです。

1次発酵1時間、2次発酵20分、焼成20+15分と作るのに時間がかかるのが難点ですが、成形などとくに技術はいらず、簡単に作れるパンとしておすすめです。

合わせトヨ型おすすめポイントと注意点

①フッ素加工のものではなく、アルスターの方がおすすめ。

フッ素加工はいずれははげてしまい、長持ちしません。

アルスターはくっつくというイメージがありますが、一番最初だけ空だきという処理をしっかりし、焼く時にショートニングや油をぬればくっつくことはありません。

②プレゼントにもおすすめ

見た目がかわいいので、プレゼントにもおすすめ。これをプレゼントすると“パン屋さんみたいだね”と言われたことがあります。

サンドウィッチにしてもかわいい。

③作り方は?

レシピは型についていることもありますが、基本は一斤分のパンのレシピで作ります。粉が少なかったり、2次発酵が短かったりするときれいなかたちにならないので、注意です。

レシピはクックパッドやパソコンで“トヨ型”“ラウンドパン”と検索するといろいろでてきます。⇒トヨ型レシピはこちら

④注意することは?

2次発酵をしすぎると、最後に焼く時に膨らみすぎて、金具をはずしたとたん爆発することも。もし、膨らみすぎているな・・と思うときは、ちょっとさめてから金具を抜きます。

バターたっぷりのブリオッシュ生地はできあがりがおいしいですが、膨らみすぎる可能性あり。

とまあいろいろありますが、おうちにホームベーカリーをもっているけど、食パンしか焼いてないっていう人にはぜひおすすめしたい型です。

ホームベーカリーで焼く食パンとは比べ物にならないぐらいおいしいですよ。

中にいれる粒ジャムなどはコッタでいろいろそろいます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする