簡単でお店のよりおいしい シフォンケーキレシピ

シフォンケーキづくりにはまっています。
なかしましほさんのバターも生クリームも使わないオーガニックなお菓子レシピのシフォンケーキ版は作るの簡単で、失敗なし。
しかも食べておいしいので、我が家のおやつの定番に仲間入りしました。

つくってみたケーキははこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メープルりんごのシフォン

生協でりんごを箱買いして、みんなでわけているので、りんごはきれることがありません。

たべきれないときには、りんごは甘く煮ているので、お砂糖のかわりにメープルシロップをいれているので、香りもいい。

季節のシフォンケーキですね。

バナナのどっしりシフォン

この本には基本のレシピというものがあるのですが、必要なのは、薄力粉、きび砂糖、卵、豆乳、菜種油。

加えてバナナが必要なだけ。バナナがたべきれないときには1.5本使うのでよくつくります。

バナナのにおいがプンプンしておいしい。こどもに好評です。


にんじんのココナッツのシフォン

にんじんとココナッツファインが必要です。私はパン作りもよくするので、ココナッツファインが常に家にありますが、ない人は本に入手先もかいてあります。

にんじんが嫌いな子もにんじんの味はしないので、お菓子からなれるといいですね。

にんじんをおろすのがちょっとめんどうだけど、ココナッツファインの歯触りもあって、なかなかおいしい。

チョコレートのざっくりシフォン

板チョコ1枚とココアパウダーが必要です。

チョコを湯せんにかけて溶かす手間だけで、基本のシフォンとかわらない。

チョコレートなので、こどもが大好き。

チャイのシフォンケーキ

私は、アールグレイの紅茶の葉を使いました。こどもによってはこのニオイが苦手な人もいるかも・・ですが、うちの子大好き。

普通の紅茶の葉でもできますが、チャイ用に販売されている茶葉を使うと味が濃厚になりさらにおいしいそうです。

こんどやってみたい。

シナモンとしょうががはいって、スパイシーでおいしい。しょうがはこの季節からだがあったまりいい食材ですよね。

なかしましほさんのレシピは基本、オーガニックなものばかりを使っているので、

油は菜種油、砂糖はきび砂糖、牛乳のかわりに豆乳・・などになっています。私は普段から菜種油やきび砂糖を使っているので、このレシピとってもありがたいですが、たまに豆乳がないときは牛乳をつかったりしてゆる~くやっています。

ただやっぱりレシピどおり作った方がおいしいです。

シフォンケーキってこのレシピで作るまで、型のサイズがあわないのに無理やり違うレシピでつくったり、泡立てがややたりなかったりしていました。

それでも自分ではそれでも上手につくれているのでは・・と思っていたけど、このレシピで作ったケーキとくらべたらおいしい。

なかしましほさんファンって多いみたいで、1冊買うと他のもそろえている人が多いみたいですね

私もその一人。マフィンの本をかって、ビスケットの本をかって、シフォンのケーキの本をかいましたが、シフォンケーキが一番いいです。

毎週水曜日はこどものお稽古ごとがおそくまであり、5時代に夕食を軽く食べてから行かせるのですが、運動してから帰ってくるので、

またお腹すいた~って帰ってくるんです。

そんなときに、このシフォンが重すぎず、お腹にもやさしくはいっていいみたい。毎週水曜日焼いています。

また、こどもがお友達に車にのせてもらっているのですが、いつもお礼にシフォンを。

小さいビニール袋にマスキングテープでラッピングするとかわいいギフトに。

簡単につくれて、買ったものとかわらないぐらいおいしいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする